【BF5】次々出てくる最新情報(公式発表・リークまとめ)




※随時更新中。

気になる「バトルフィールド」の最新作。

次々と出てくる最新情報をまとめていきます。


BF5発売までに最高のゲーム環境にしときましょう!


FPSプレイヤーに人気の記事↓


BFⅤ(BF5)のプレイ動画が、ついに公開!

その動画はこちら↓

「バトルフィールドⅤ」公式サイト

 

時代設定はWW2

BFⅤ 時代設定
時代背景は「第二次世界大戦(WW2)」で確定!

多くの人が待ち望む「現代戦」ではありませんでした。

 

調べたらどうやら現代の銃を扱うと、膨大な「銃のライセンス料」が発生するため、数年前に比べて、各ゲームメーカーが「現代戦」を取り入れにくくなったという背景があるようです。

非常に残念な方も多いと思いますが、WW2になって喜んでいる方もいるので、BFでの「WW2」がどれだけ面白い「EAマジック」をかけてくれているのか非常に気になる所ですね。

 

BFⅤの新追加要素・新情報

BFⅤ 新要素・新情報
・ゲームモードは今のところ、「コンクエスト」「CO-OP」「Breakthrough」「グランドオペレーション」「フロントライン」「ドミネーション」「チームデスマッチ」がある。

・「フォーディフィケーション」というシステムの追加。砦での戦いで、砦を破壊されても「修復可能」。援護兵は建築スピードが速い。(建築要素の追加?)

・「プレミアムパス」の廃止。プレイヤー全員が新マップを体験できるように。

・兵科はBF1同様「アサルト」「サポート」「メディック」「スカウト」の4種類。もう一つの兵科は後日発表とのこと。(たぶん「エリート兵」かな?)

・グレネードの「投げ返し」が可能になる。また、投げてきたグレネードを銃弾で撃ち落とすことも可能。

・「蘇生」はメディックだけでなく、全ての兵科でも可能に。(ただし、蘇生時間はメディックが一番早く、他兵科では体力が100%回復にはならない。)

・武器のアタッチメント(カスタマイズ)がある。武器のアタッチメントは「7つ」まで追加可能。

・兵士、武器、兵器のスキンはカスタマイズ可能。

・BFⅤの弾薬数は非常に少ない。敵から奪わないと連戦が難しくなる。

・「自動回復」が100%不可に。

・操作面でR6S(レインボーシックスシージ)のように、背中を地面に付けて伏せるモーションが追加される

 

新モード「グランドオペレーション」

BFⅤ グランドオペレーション

歴史上戦争を複数のマップでプレイ。

最大64人対戦で、1試合45~60分の試合時間。

 

4日間の戦争(1日:15分)をゲームの中で行う新モード。

最終日の4日目は、「リスポーン無し」の総力戦になり、どうやらここで「バトルロワイヤル」が搭載されることが確定です。

 

PUBGフォートナイトの爆発的人気に乗じて新規プレイヤー獲得に踏み出すのは納得ですが、一つ懸念されるのが、この新要素の追加によって、BFの代名詞である「コンクエスト」の質が悪くならないか、が焦点です。

バトロワ系のゲーム開発には、プレイヤーが生き残るために、多くの遮蔽物や建物が必要になってくるため、コンクエストの「戦車や乗り物」との相性がすごく悪いという側面も。

仮に同じマップのオブジェクトを使って「バトロワモード」を開発しても、結果的に両方とも面白くなくなってしまう可能性が高くなってしまう問題があります。

「バトロワ」専用マップの開発コストをDICEが受け入れるだけの度量があるのか、いささか疑問ですが・・。

いずれにせよ最新作の「BFV」は、流行に合わせて大きく進化する可能性が出てきた、大きな話題作となるのは間違いないようです。

どんな戦線(戦況)になるのか非常に楽しみです。

 

戦場がもっと個性的に!

BFⅤ カスタマイズ
「フェイスペイント」や「兵士スキン」「ビークル」の外観がカスタマイズ可能に。

「フレンドやクラン員と同じにする」のもよし、「個性的な見た目で戦場で目立つ」のもよし。

これまでとは違った見た目で「バトルフィールド」を体験できるようになるのは、新しい楽しみの一つかもしれません。

 

プラットフォーム情報

「PC」「PS4」「Xbox One」が対象。

一部ファンの間では、公式ムービーにPS4が載っていなかったためにPS4での発売を心配していましたが、安心してくださいね。

 

発売日

2018年10月19日 全機種一斉発売。

10月11日に先行トライアルが開催されます。

(追記)

「バトルフィールドⅤ」の発売日が延期になりました。

新しい発売日は、2018年11月20日です。

 

延期の理由は「開発・ゲーム内調整に時間が足りなくなった」とのこと。

9月6日より行われる「オープンベータ」によるユーザーからのフィードバックが大量に寄せられることが予想され、その対応が間に合わないという理由も。

ファンの中には、10月は他のビックゲームタイトルの発売時期が軒並み重なっているために「ワザとずらしたんだ!」という声も上がっていますが、真相は分かりません。

とても残念なお知らせですが、多くのバグで快適にプレイできないよりは、「完璧」に作ってもらった方が良いですね。

(・・・BF4は酷かったですから。)

 

オープンベータ期間

9月6日に決定されました。

誰でも参加可能なオープンベータ版ですが、ダウンロード版(PS4・PC)を予約すれば、数日間のオープンベータ先行アクセス権が与えられるそうです。

まだの方はお早めに!

 

BFⅤの前準備!

レベルアップしたBFⅤのグラフィックを存分に楽しめるように、「PS4 PRO」に移行しておきましょう。

PCゲーマーも「スペックやデバイス」のグレードアップを要チェックです。


PC:FPSプレイヤー必見!↓


まとめ

BFファンの私も、居てもたってもいられない程楽しみです。

最新情報、リーク情報が発表され次第更新していきます。

 

PCユーザーも環境のグレードアップ↓


当ブログでは「FPSプレイヤーに役立つ情報」や「ゲーミングデバイスのレビュー記事」を数多く揃えています。

FPSプレイヤーなら要チェックです↓

「これさえ知ってれば上達!FPS上達のコツ」

「ゲーミングデバイス特集(PS4・PC)」











FPSはスポーツ選手と同じく、「競技プレイヤー」です。

野球選手が「バット」にこだわるように、ゲーマーは「マウスやヘッドセット」などの「デバイス」にもこだわるべき。

自分が使う道具には万全の状態で練習しましょう!↓

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

熊本県在住。「ブログ・FPS・ゲーミングデバイス集め」が趣味のアラサーです。愛犬「トイプードル」と毎日じゃれて遊んでます。 FPSは「PS4」「PC」どちらもプレイ。 腕前は、FPSゲームなら何でも「キルレ2.0~2.5」のエンジョイゲーマーです。