ゲーミングキーボードって必要?違いは何?誰も言わない本当のこと




「普通のキーボードと何が違うの?」って疑問にお答えします。

FPSでは必須?

最初に、私の本音を言います。

 

絶対に必要という訳では、ありません。

正確には、「優先度は低い」と言った方がいいかな。

 

他のブロガーさん方は、ご自分の収益アップになるので、

「ゲーミングキーボードを買って、ライバルに差をつけよう」
「ゲーミングキーボード」はFPSでは必須ですよ!

と言って、キーボードを紹介している人を、たーまに見かけます。

誇大広告だな。と、ふと思ったりします。

(でも、みんな生活が懸かってるから仕方ないんです。責めたりなんかしないで下さいね。)

 

皆さん勘違いしないように!

ゲーミングキーボードを買ったから、キルレがすぐ上がる!なんて事は、絶対にありえませんのでご注意を。

でも、間違いなく上達につながると言える事があります。

 

 

上達につながる2つの理由

①モチベーションが上がる

自分が欲しい!と思って買ったゲーミングキーボードだと「モチベーションアップ」につながり、練習がはかどるということ。

自分に合った軸、押し心地の良い軸は、打っていて疲れにくいです。

ゲーミングキーボードには、軸というのがあって、打鍵感。押し心地が変わります。

 

なんの軸が有利不利はなく、完全にその人の好みになります。

ザっと種類を上げると、

・赤軸
・青軸
・緑軸
・黄軸
・黒軸
・サイレント軸
ROMER-G 軸

などなど。

押し心地・打鍵音は、実際店頭で打ってみてください。

YouTube、Amazonレビューなどで調べてみるのも良いでしょう。

 

②耐久性が桁違い

キープレス7000万回などの耐用回数が各メーカー、軒並みあります。

1000円もしない普通のキーボードだと、耐久性に問題あり。

 

壊れるたびにコロコロ変える必要が出てきます。買うたびに、慣れるまでの時間を考えると、ゲーミングキーボードは打ち慣れた環境で、長い期間戦えるということになり、パフォーマンスを安定させてくれます。

 

大きな違いとして、よく例に挙げられる、

・「複数キーの同時押しに対応」
・「キーの反応性」

は、正直、私のような素人では、違いが分かりません。

1000円の普通のキーボードで数時間、BF1をやってみましたが、私の全体平均である「キルレ2」を、ただ安定的に繰り返すだけでした。

 

他にも、

・ポーリングレート 1000Hz
・マクロ機能
・バックライト

などがありますが、私の場合、ポーリングレートの違いで操作性は変わらなかったし、マクロはそもそも組まないし。

バックライトは見やすいんですが、ゲーム中はキーボード見ないんで、操作性とは無関係ですもんね。

 

「私がゲーミングキーボードが嫌い」だからこんな事言うのでは?

と勘違いをされるかもしれませんが、私は大好きです。

ゲーミングキーボードは、コレクション。所有欲を満たすために買い続けています。

 

半年間の間に、

・Logicool G910 (約16000円)
・Logicool G PRO (約14000円)
・Logicool G213 (約6000円)
・Corsair STRAFE RGB Cherry MX SILENT (約17000円)
・Razer BlackWidow X Chroma (約21000円)

合計 74000円!

バカなんじゃ?と思われると思いますが、コレクションですので。笑

 

まとめ

・FPSでは必須とまでは言えない
・耐久性は高く、モチベーションアップにはなる
・僕はデバイスにお金をかけすぎ。笑

という事でした。皆さんも自分に合ったキーボードを見つけられると良いですね!


こちらの記事も人気です↓

こちらもどうぞ↓

「買う前に絶対確認すべき6つのこと。~ゲーミングキーボード編~」











FPSはスポーツ選手と同じく、「競技プレイヤー」です。

野球選手が「バット」にこだわるように、ゲーマーは「マウスやヘッドセット」などの「デバイス」にもこだわるべき。

自分が使う道具には万全の状態で練習しましょう!↓

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

熊本県在住。「ブログ・FPS・ゲーミングデバイス集め」が趣味のアラサーです。愛犬「トイプードル」と毎日じゃれて遊んでます。 FPSは「PS4」「PC」どちらもプレイ。 腕前は、FPSゲームなら何でも「キルレ2.0~2.5」のエンジョイゲーマーです。