【FPS上達のコツ】ゲーミングチェアが凄い!ゲーム環境って大切

デュアルディスプレイ




これまで、ずっと座椅子スタイルでFPSをやってきましたが、今回ゲーミングチェアを導入して分かったことをまとめます。

FPSをプレイする上での、座椅子・椅子スタイルのメリット・デメリットはこんな感じです。

 

座椅子(こたつ)スタイル

ゲーミングチェア 座椅子

 

 

 

 


メリット
・こたつユーザー(冬季限定)は肉体的に楽
・床へのダメージが無い(キャスター付き座椅子を除く)


デメリット
・首、腰への負担が大きい(長時間プレイヤーは特に注意)
・肘が固定されず、FPSなど確実なエイムが求められるゲームでは不向き
・キャスターがついていない座椅子だとポジションの調整が結構面倒
・座高調整が困難


 

椅子スタイル
ゲーミングチェア 座椅子

 

 

 

 

 


メリット
・首、腰への負担が少ない(圧倒的)
・ゲーミングチェアだと、座高の高さ調整で机とひじの高さを同じにできるため、エイムが向上する
・キャスター移動のため、ポジショニング調整が簡単
・座高調整が手軽で、ディスプレイとの目線の高さを簡単に調整できるため、目の疲れが軽減
・リクライニングで簡単に休める


デメリット
・床へのダメージ、騒音の可能性がある(チェアマットで解決)
・ゲーミングチェアだと、最初だけ組み立て作業がある
・仕事等の都合で、引っ越しを頻繁に行う人は、そのたび処分や送料に結構手間や費用が発生
(私のゲーミングチェアだと、同じ県内で送料が5000円位します。)


メリット、デメリット以前に、今住んでいる家の配置や、広さの都合はあるでしょうが、やはり座椅子スタイルは、ゲームの成績・体への負担は経験上圧倒的に不利です。
(私がおじいちゃんだからっていうツッコミは却下します 笑)

 

座椅子スタイルの皆さんであれば分かると思いますが、尋常じゃない苦しみです。

 

 

 

僕はエイムなんてできません。
敵じゃなくて、腰痛とまず戦わないとなんですから!

だからついにゲーミングチェア導入。

ゲーミングチェア 座椅子

今までが左の座椅子。右が新スタイルです。

ついに憧れだった DXRACER ゲーミングチェア を購入しました。

 

もう天国です。
詳しいレビューは後日記事にしますが、座り心地抜群です。

ゲーミングチェアって素晴らしい!

 

総  評

座椅子スタイルの方が楽という方もしるし、部屋の都合上仕方なく座椅子スタイルの方もいらっしゃるでしょうが、 私と同じようにゲーミングチェアに憧れていて、迷っている方は勇気をもって購入してみた方がいいと思います。

世界が変わりますよ!

まだ導入して間もないですが、おそらくゲームの成績もエイムが安定するので、上達していくと思います。











FPSはスポーツ選手と同じく、「競技プレイヤー」です。

野球選手が「バット」にこだわるように、ゲーマーは「マウスやヘッドセット」などの「デバイス」にもこだわるべき。

自分が使う道具には万全の状態で練習しましょう!↓

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

熊本県在住。「ブログ・FPS・ゲーミングデバイス集め」が趣味のアラサーです。愛犬「トイプードル」と毎日じゃれて遊んでます。 FPSは「PS4」「PC」どちらもプレイ。 腕前は、FPSゲームなら何でも「キルレ2.0~2.5」のエンジョイゲーマーです。