【レビュー】ダステルさんの新マウス!Razer「MAMBA ELITE」

MAMBA ELITE サムネ




どうも皆さんこんにちは!『RYO(@ryo_blog_fps)』です^^

今回は大人気メーカーRazerより発売されている高性能ゲーミングマウス「MAMBA ELITE」をレビューしていきます。

このマウス、なんとあの超有名FPSプロゲーマー「ダステルボックス」選手が使用しているマウスになります。

 

「ダステルボックス選手の事を知らない」という方向けに動画のリンクを載せておきます。↓

ダステルさんはこれまでスポンサーの関係上「ロジクール製品」を使用していたのですが、今回チームを移籍したためRazerがスポンサーに変わりました。

数あるRazer製品の中から、この「MAMBA ELITE」を選んだという事は、「きっと使いやすいはず!」と思い僕も今回購入してみたので、実際にレビュー記事を書いていきます。

 

今回のレビュー商品はこちら↓

Amazon評価も☆4.5(23件)の高評価です。

気になる方は要チェック!


RYO
RYOBLOGではゲーミングデバイスの「レビュー記事」を80記事ほど投稿しています。こちらも忘れずに要チェックです!

「MAMBA ELITE」の大きな特徴

MAMBA ELITE 大きな特徴

・性能面は文句なしの最高峰FPS向けゲーミングマウス

・両サイドの「1680万色LEDライン搭載」で、Razerの中でも外観の良さは群を抜くカッコよさ

・「かぶせ持ち◎」「つかみ持ち〇~△」「つまみ持ち×」と言う仕上がり。かぶせ持ちプレイヤーはマストバイ

・ただし、コスパの観点で言えば同シリーズの「DeathAdder Elite」に軍配が上がる

 

「MAMBA ELITE」を実際に握った様子

MAMBA ELITE 握った様子

手の大きさ(参考)↓

手 大きさ

 

「MAMBA ELITE」の基本性能

ただこの「MAMBA ELITE」の基本スペックを書いても分かりにくいと思うので、今回は同じRazer製品の人気シリーズ「DeathAdder Elite」と比較していきます。

スペック比較表

DeathAdder Elite

Razer DeathAdder Elite エルゴノミック ゲーミングマウス【日本正規代理店保証品】RZ01-02010100-R3A1

 

Mamba Elite

Razer Mamba Elite ゲーミングマウス 光学センサー 16000 DPI 9ボタン【日本正規代理店保証品】 RZ01-02560100-R3M1

形状 右手専用 右手専用
接続タイプ 有線 有線
スイッチの耐久性 5,000万回 5,000万回
搭載センサー True 16,000 DPI センサー Razer 5G センサー
最大解像度 16,000 DPI 16,000 DPI
最大速度 450 IPS 450 IPS
最大加速度 50 G 50 G
重量 105 g 96 g
価格(Amazon価格) 6,300円 11,679円

赤字が優秀な項目↑)

 

いかがでしょうか?

僕自身比較してみて気付きましたが、「MAMBA ELITE」は高性能ゲーミングマウスですが、Razerの「DeathAdder Elite」と比べると、性能は両者ほぼ同じ。

2019年時点の今でも、両者「FPS使用では最高峰」という超ハイスペックマウスと言い切れます。

デスアダー マンバ 比較画像
「MAMBA ELITE」を選ぶメリット

・外観(LED)のサイドイルミネーションのカッコよさは格段に「MAMBA」に軍配

・「MAMBA」の方が重量差が約10g軽い

・握った感触は両者ほぼほぼ同じ。しかし、若干だが「MAMBA」の方が上か(ここは個人差あり)

しかしながら、コスパの観点で言えば性能はほぼ同じなので、コスパは「DeathAdder Elite」の圧倒的勝利。

上記に挙げた「MAMBA ELITEを選ぶメリット」に対して、両者の差額「約5,400円」高くても買いたいか?と言う天秤にかけて判断されて下さい。

僕の個人的意見は、「友人にどっちをおススメするか?」と言うとコスパの観点で「DeathAdder Elite」ですね。

 

約10g軽量、外観のカッコよさを求める人は「MAMBA ELITE」を。

それは別に気にしないかな?という方は「DeathAdder Elite」を選ばれてください。

 

「DeathAdder Elite」の詳細レビューはこちら↓

 

ここから先は、どうしても「MAMBA ELITEが気になる!」という方向けにレビューしていきます。

 

「MAMBA ELITE」の外観

MAMBA ELITE 外観

ゲーミングマウス界でも、トップクラスにカッコいいデザインが大きな特徴のこのマウス。

1680万色対応のRGB搭載で、両サイドのLEDラインが存在感を大きく引き立ててくれます。

いくら高かろうが「このカッコよさに惚れ込んだ!」という方も多いです。

MAMBA ELITE

この「MAMBA ELITE」は”最高の高級感”と”超高性能”を両立させた最高クラスのゲーミングマウスに仕上がっています。

Razerファンの方なら間違いなくこのマウスを選ばれてください。

僕もそうでしたが、あなたのデスクが「デバイス映え」し満足感が半端じゃ無いです。

 

「MAMBA ELITE」の使用感

MAMBA ELITE 使用感

ここは正直に。

「DeathAdder Elite」とほぼほぼ変わらんです。(個人差あり)

僕は両方持っているので、何度も「握り・使い比べ」してみましたが、大差はありませんでした。

デスアダー マンバ 比較画像

 

ただ、Amazonレビューを見ていると「MAMBAの方がフィットする」というレビューもチラホラあったのも事実なので、結局は個人差の範囲のフィーリングが大きいと思います。

どちらも触ったことが無い人向けに解説すると、「かぶせ持ち」プレイヤーは抜群のフィット感を誇ります。

FPSの様な高速な操作を求められる動作も、めちゃくちゃ快適に追従してくれる。

 

ただし、ゲーミングマウスの中では大きさはトップクラスに大きい部類ですので、手が小さい人は違うものを買われた方が無難と思われます。

あと、このマウスは持ち方を選びます。

(↓画像クリックで拡大可能)

・「かぶせ持ち」=◎MAMBA ELITE かぶせ持ち
・「つかみ持ち」=〇~△MAMBA ELITE つかみ持ち
・「つまみ持ち」=×MAMBA ELITE つまみ持ち

 

この様な構造ですので、「かぶせ持ち派」や「つかみ持ち派」の方はこのマウスを選ばれて大丈夫!

一方で「つまみ持ち派」の方は買わないように。

つまみ持ちだと、「大きすぎる」のと「サイドボタンが異常に遠く感じる」と思うので出来ればもっと小さめのマウスを買われてください。

 

「MAMBA ELITE」のケーブルとソール

ケーブル

MAMBA ELITE ケーブル

高級感と耐久性を兼ね備えた「編み込みケーブル」です。

とても柔らかいケーブルになっているので、FPSの様な激しいマウス操作でも、思うがままのエイムを再現してくれています。

 

個人的には「ビニール製」より編み込みケーブルの方がクセが付きにくいので大好きです。

直径も小さめ(実測3mm)のケーブルなので、どのマウスバンジーでも対応可能なのも嬉しい点。

 

ソール

MAMBA ELITE ソール

他のゲーミングマウスに比べて、標準的な大きさ(面積)に仕上がっています。

個人的な好みで言えば、小さめが止まりが良くて好きなので、ここは人によってマイナスポイントになり得るかも。

でも、使った感じ滑りも良好なので、エイムの邪魔は一切ありませんでした。

 

「MAMBA ELITE」のソフトウェア

Razer MAMBA ELITE ソフトウェア

「Razer SYNAPSE」と言う専用ソフトで各種設定が可能。

とても扱いやす直間的なインターフェースに仕上がっており、設定が簡単です。

このソフトで設定変更できる点は以下の通り。↓

・各ボタンのカスタマイズが可能

・ゲーム毎のプロファイル作成

・DPIは50単位で設定可能(可能範囲:100~16000 DPI)

・縦(Y軸)横(X軸)を別々でDPI調整可能。リコイル制御が簡単になる

・ポーリングレート変更(125・500・1000 hz)

・ライティングは「明るさ調整」「無操作時自動OFF機能」「6種類の発光パターン完備」

縦(Y軸)横(X軸)を別々で感度を変更できるのはFPSプレイヤーにとって大きなメリットです。

MAMBA ELITE X軸 Y軸 感度調整

ゲーム内のリコイルが大きい銃であっても、この設定を変更しておけばリコイル制御が格段にやりやすくなり、成績に直結してくる項目です。

 

これを自分好みにカスタマイズできるのは、有名メーカーを探してもなかなかありません。

Raze独自の強みと言い切れると思います。

この機能目的にRazer製品を選ばれる方もいるでしょうね。

 

安心の長期2年保証

安心の2年保証

1000円~2000円の格安ゲーミングマウスとは訳が違う。

天下のRazerさんのサポートですから、何か故障や不具合があっても長期2年の安心サポートも健在です。

安物買って、案の定すぐに壊れて・・・また次のを買うとなると、時間も手間もお金もかかってしまいます。

 

この有名メーカーだからこその独特な「守ってくれている」感覚は、本当に心地の良いモノです。

格安を買って「いつ壊れるのかな?」って考えながら使っていくのは、精神衛生上よろしくありません。

皆さんもこの「MAMBA ELITE」を買って、Razerというブランド力に守ってもらいましょう。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回レビューした通り「外観の良さ」と「軽さ」を求めるなら、今回のレビュー品「MAMBA ELITE」を。

価格を重視した「コスパを求める」という方は「DeathAdder Elite」を選ばれてください。

 

性能に関してはFPSでも超が付くほどのハイスペックゲーミングマウスなので、”繊細なエイム”から”高速振り向き”まで、非常に高いパフォーマンスを発揮してくれるのは、僕が保証しておきます。

 

この記事が少しでもあなたの役に立ちますように!

ではバイなら!

今回のレビュー品↓

「DeathAdder Elite」↓

 

 











FPSはスポーツ選手と同じく、「競技プレイヤー」です。

野球選手が「バット」にこだわるように、ゲーマーは「マウスやヘッドセット」などの「デバイス」にもこだわるべき。

自分が使う道具には万全の状態で練習しましょう!↓

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

熊本県在住。「ブログ・FPS・ゲーミングデバイス集め」が趣味のアラサーです。愛犬「トイプードル」と毎日じゃれて遊んでます。 FPSは「PS4」「PC」どちらもプレイ。 腕前は、FPSゲームなら何でも「キルレ2.0~2.5」のエンジョイゲーマーです。