【徹底レビュー】Razer Lancehead Tournament Edition~ロマンのゲーミングマウス~FPSに最適

Razer Lancehead Tournament Edition




どうも皆さんこんにちは!『RYO(@ryo_blog_fps)』です^^

今回「徹底レビュー」していくのは、Razerの「Lancehead Tournament Edition(TE)」有線モデル。

「左右対称マウス」なので左利きの人も選択肢に入ってくるモデルです。

 

Razerのゲーミングマウスといえば「デスアダーエリート」がNo.1の知名度と人気ですが、性能と使い心地はこのマウスも負けてはいません。

カッコよさはこれが一番!

天下一品の「ロマン」が詰まったゲーミングマウスです。

 

もちろん完璧なデバイスはありませんので、人によっては「デメリット」もあります。
デメリットもこの記事で詳しくレビューでしていきますので、購入しようか迷っている方は、そのデメリットをしっかり理解した上で購入しましょう。

このマウスで、あなたのデスクもカッコよくしちゃいましょう!


こちらの記事も人気です↓


こんな人におすすめ

Razer Lancehead Tournament Edition・FPSでも通用する最新スペックのゲーミングマウスを求める人
・カッコいいゲーミングマウスが欲しい人
・Razer製品が大好きな人
・古いマウスを我慢して使っている「そこのあなた!」

 

実際握った様子

razer lancehead tournament edition 握った様子

手の大きさ(参考)
手 大きさ

 

他のマウスとの比較(画像)

ご自分で持っているマウスがあれば「Lancehead」との比較用に使ってください。

各メーカーマウス 比較写真各メーカー マウス 比較画像

 

本体性能(スペック)

Razer公式サイト」より引用

・高精度 16,000 DPI 5G オプティカルセンサー
・対スピード性能 450 インチ / 秒、加速度50G
・On-The-Fly 感度調整
・Razer™ メカニカルマウススイッチ
・ゲーミンググレードのタクタイルスクロールホイール
・左右対称デザインとラバー製サイドグリップ
・カスタマイズ可能な1680万色のトゥルーカラーオプションを備えた Razer Chroma™ ライティングデバイス間での色同期
・個々に設定可能な 9 つの Hyperesponse ボタン
・1000 Hz Ultrapolling
・Razer Synapse 3 対応 (Beta) 近日対応予定
・2.1 m の 編組ファイバーケーブル
・サイズ:117 mm (長さ) x 71 mm (幅) x 38 mm (高さ)
・重量: :104 g ( ケーブルを除く )

 

クリック感

razer lancehead tournament edition クリック感「とても軽く・連打におけるテンション(反発)・反応速度」が非常にハイレベルでまとまっている使い心地です。

Razer自身が「全く新しいRazerメカニカルスイッチ」と言っているだけあります。

クリック感はゲーミングマウスの肝になるので、デメリットを上げたかったんですが、それが見つかりません。

 

クリック音はとても静かで、フレンドとのVC、動画配信者、どなたでも不快に思うことは無いレベルです。

個人的にはクリック関連は「100点」を挙げていいと思います。

 

ホイール感

razer lancehead tournament edition ホイールここにデメリットの一つ目です。

ホイールの位置が、外人(手が大きい人)向けの設計位置だと思います。

もしかしたら、手が小さい人によっては、FPSのプレイ中「ホイール操作をするために握り直し」という無駄な動作が発生するかもしれません。

 

僕の手の大きさは、先ほど画像で出しましたが、僕の手でギリギリと言っていいです。

(もちろんその人のマウスの持ち方によって変わってきます。)

 

僕より手が小さい人は、店頭で一度試すことをお勧めします。

僕の手と同じか、僕より手が大きい人は問題なく使えるので、ご安心を。

 

ホイール回転(ノッチ)音はありません。

「ヌル」っと回転し、誤操作はないでしょう。

ホイールクリックは「コツ」っとした「わずかな音」と「適度な固さ」で、これに関してもデメリットはありません。

 

ホイール関連の総評としては、やはりホイールの位置(場所)が遠いのでそこさえクリアできれば、FPSでもバリバリに活躍してくれると言えます。

 

サイドボタン周辺

<左側面>razer lancehead tournament edition 左側面
<右側面>razer lancehead tournament edition 右側面

これは個人の好みで変わりますので、一概には言えませんが、「ちょっと押しにくい」です。

クリック感や音は問題ないのですが、ボタンがほとんど「出っ張っていない」のが原因です。

Razer Lancehead Tournament Edition サイドボタンもちろん「慣れさえすれば」全く問題はありません

最初のうちは少し違和感がある程度です。

 

僕は右利きで、右側の二つのサイドボタンは、誤操作をしないように「キーを無効」にしています。

ですので、FPSでブンブンマウスを振っての誤操作はありません。

僕は心配性のため「キーを無効」にしていますが、右側のサイドボタンも両方使いたい人も「問題ない」と思います。

 

側面の凹んだラバー加工と、サイドボタンの「出っ張り」が小さいため、誤操作することは無いです。

(というか、この誤操作を防ぐために、サイドボタンの出っ張りを小さくしたんでしょうね。納得です。)

 

ケーブル

razer lancehead tournament edition ケーブル僕Razerのケーブル大好きなんです。

Razerのケーブルは、クセが付きにくい「編み込みケーブル」×「他社製品よりもダントツで細い」ケーブルです。

Razerに比べたら、ロジクール製品はケーブルが太くて、マウスバンジーを使っていても、たまーに「微妙なエイムのずれ」が起きます。

この「デスアダーエリート」も同様、Razer製品のケーブルは誤エイムが起きないので大好きです。

 

マウスバンジーで迷っている方はこちら↓

 

ソールの形状・位置

Razer Lancehead Tournament Edition ソール計3か所。僕はソールに関してあまりこだわりはないため、特に不満はないです。

FPSで超上級者の人たちにとっては重要なんだろうけど。

 

気になる人は画像を参考にして下さい。

(シリアルナンバーはサポートの都合上、モザイク処理してあります)

 

ソフトウェア編

ランスヘッド ソフトウェア

ボタンのカスタマイズ

計9つの各ボタンも、それぞれ割り当て変更が可能です。

ゲームごとにボタンの入れ替えを行うプロファイルは無限に作れます。

(僕はPUBGとBF1でプロファイルを変えているので、ボタン一つでの変更がありがたい。)

 

だから、沢山のゲームタイトルをしている人もOK!

 

DPIは「50」刻み(100~16000 DPI)

ランスヘッド 感度この画像のように、簡単にDPIが変更できます。

その他にも「マウスの加速」「ポーリングレート」の数値も変更できます。

 

※1 FPSでは絶対に加速は「0」が推奨

加速を付けると、同じ距離の移動でもマウスを振った時の速さによって、移動距離が変わるためエイムがひどいことになります。

 

※2 ポーリングレートは「お好み」です。

あまりに高すぎると人によっては「エイムのブレを制御できない」こともあります。(僕は「500Hz」を好んで使っています。)


「ポーリングレート」とは、マウスとPCの更新回数の事です。

1秒間に1000回更新してくれると、その分わずかなエイム調整も可能にしてくれます。(メーカーによってはレポートレートとも呼びます。)

 

「X軸・Y軸」ごとの感度設定が可能

ランスヘッド X軸Y軸 設定これは簡単に説明すると「横方向と縦方向の感度を別々に調整・設定ができる」ということです。

FPSでは銃を撃つと、だいたいリコイル制御が発生します。

縦方向の銃の反動を抑えるために、マウスを下方向に動かすこと。

 

この制御がやりやすくなったり、高低のクリアリングが楽になるよう、このデスアダーエリートは調整できるんです。

まさにFPS特化型マウス。ロジクールにはない設定です。

(ロジクールにも実装して欲しい。。。)

 

「リフトオフレンジ」の設定が可能

ランスヘッド リフトオフレンジリフトオフレンジとは、「マウスが浮いたと認識するまでの距離のこと」を言います。

FPSではリフトオフレンジは小さい方が有利なため、買った後は「最小値の1」に設定しましょう。

なぜ最小?

「リフトオフレンジ」が大きいと、マウスを持ち上げたのにセンサーが反応してエイムが乱れるからです。

 

現在、この「リフトオフレンジが最小(0.5mm)」の最新マウスはこれ!↓

 

マウスパッドの表面認識

ランスヘッド マウスパッド 表面認識Razer以外のマウスパッドでも、パッドの表面を分析して最適化してくれるので、どのメーカーのマウスパッドでも大丈夫です。

僕はSteelSeriesの「QCK heavy」と「ARTISAN 零 MID L」を使っているので、大変助かっています。

 

おすすめマウスパッドはこちら↓

 

1680万色のカラーライティング

ランスヘッド LED光らせるのが好きな人はお好きな色に!

このランスヘッドの大きな魅力は「抜群のライティングのカッコよさ」にあります。

ただデスクの上に置いておくだけで、存在感抜群のデバイスです。

他のキーボードやヘッドセットも「Razer」で合わせれば、デスク上のカッコよさは倍増します。

 

光らせ方のバリエーションも最初から入っており、その中から選ぶことが出来ます。

・・・光るのが嫌いな人は、設定で消してください。笑

 

まとめ

このゲーミングマウスは「カッコよさ」×「高性能」=「Lancehead Tournament Edition(TE)」という、とてもいいマウスです。

コレクターにはたまりません。

このマウスが気になっている人は、「手の大きさ」との相性にだけ注意してください。

サイズさえ合えば「FPSでも強い味方」になり、「デスクの上もカッコよくなる」是非手に入れたいマウスです。











FPSはスポーツ選手と同じく、「競技プレイヤー」です。

野球選手が「バット」にこだわるように、ゲーマーは「マウスやヘッドセット」などの「デバイス」にもこだわるべき。

自分が使う道具には万全の状態で練習しましょう!↓

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

熊本県在住。「ブログ・FPS・ゲーミングデバイス集め」が趣味のアラサーです。愛犬「トイプードル」と毎日じゃれて遊んでます。 FPSは「PS4」「PC」どちらもプレイ。 腕前は、FPSゲームなら何でも「キルレ2.0~2.5」のエンジョイゲーマーです。