【レビュー】惜しみない称賛を贈る!Xtrfy「K2-RGB」打鍵音+照明の動画あり【提供】

Xtrfy K2-RGB サムネ




どうも皆さんこんにちは!『RYO(@ryo_blog_fps)』です^^

今回「Xtrfy」様よりFPSに相性バッチリのゲーミングキーボード「K2-RGB」をご提供頂いたので、実際の「FPSでの性能・使用感」をレビューしていきます。

 

いつも通りのお約束!

「RYOBLOG」の読者の方ならもうご存知だと思いますが、僕は企業案件だからと言って「デメリットを隠すような真似は一切致しません。」

購入を検討される方を「だます」ような真似は、読者の人にも、僕自身にも全くメリットがないからです。

「いちFPSプレイヤー」としての正直なレビューをお楽しみください。

 

今回のレビュー品はズバリこの商品↓

 

Amazon評価も総じて『☆4.5』の高評価!

気になる方は要チェックです!


RYO
RYOBLOGではゲーミングデバイスの「レビュー記事」を80記事ほど投稿しています。こちらも忘れずに要チェックです!

Xtrfyとは

Xtrfyとは

Xtrfy(エクストリファイ)は、スウェーデンのハイエンドeスポーツデバイスブランド。

ゲーミングデバイス専業メーカーとして2000年に設立され、スウェーデンの南部ランズクルーナに所在しています。

Xtrfyは、プロeスポーツチーム Ninjas in Pyjamas(ニンジャズ・イン・パジャマズ、通称:NiP)のメンバーが開発に強く関わっているのが最大の特徴。

Ninjas in Pyjamas

Ninjas in Pyjamasとは、CS:GOの世界最強のプロチームの1つである、北欧スウェーデンのプロeスポーツチーム。

Xtrfyのすべての製品は、世界最強のFPSプロチームが製品開発に大きく携わっています。

この”プレイヤー目線”で非常に使いやすいデバイスの数々が高評価を呼び、近年世界のみならず日本でも新規ファンが拡大してきている今もっとも勢いのあるゲーミングデバイスメーカーです。

 

「K2-RGB」の大まかなスペック

「K2-RGB」の大まかなスペック

・フルキーボード

・メカニカル:赤軸採用(5000万回の耐久性)

・UK配列(後ほど詳しく説明)

・ポーリングレート:1000Hz

・Nキーアンチゴーストロールオーバー

・1680万色のイルミネーション

・ソフトウェア不要のプラグインプレイ式

まさしく『FPSのために開発された』と言える高性能ゲーミングキーボードです。

あとで詳しく解説しますが、打鍵感が何より素晴らしく高級感あふれるそのフォルム(外観)に思わず見とれてしまう最高級なゲーミングキーボードに仕上がっています。

(後で”打鍵音”の参考動画あり)

 

一番驚きを隠せなかったのは「照明の美しさ」と「豊富なイルミネーションプリセット」の数です。

(こちらも後で参考動画あり)

 

なるほど、価格だけの事はある。

世界最強のFPSプロチームメンバーが実際に使っていると聞くだけで、「自分も強くなった!」という様な不思議な気分にさせてくれる摩訶不思議なキーボードです。

 

「K2-RGB」の外観

どんなキーボードか外観を詳しく見ていきましょう。

Xtrfy K2-RGB 箱

本体

 

Xtrfy K2-RGB 本体

洗練された無駄のない美しいフォルム(外観)をしており、一目見ただけでも高級感あふれる本体が出迎えてくれます。

Xtrfy K2-RGB

しかし、ここで『惜しい!』と気になったのがキーボードのフレーム。

(恐らく強化プラスチック製?)

 

このクラスの高級キーボードなら、フレームを『アルミ合金製』にして欲しかったなぁ。というのが正直な印象。

いや!間違いなく凄くカッコいいんですよ!

Xtrfy K2-RGB

でもどうせなら、ちょっと高くなっても良いからフレームも合金製で売り出して「頂点の満足度」を狙った方が購入者としては嬉しかったんじゃないかな?と思います。

他のメーカーさんのこのクラスのゲーミングキーボードは、ほぼ全てアルミ合金フレームを採用しているので、外観で妥協して欲しくなかった。

 

ハイエンドモデルとして価格が価格なので、一応ちょっとした不満点として挙げておきます。

次の新作ではぜひアルミ合金フレームを採用して欲しいです。

 

印字表記

Xtrfy K2-RGB 印字表記

この「K2-RGB」は英語配列なので、もちろん外観を損ねる『かな印字』はありません。

かな印字推奨派の方には申し訳ないんですが、やっぱりカッコよさを語る上では、かな印字は不要です。

GOOD!

 

ケーブル

Xtrfy K2-RGB ケーブル

ケーブルはXtrfyこだわりのイエローブラック編み込みケーブルが採用されています。

ケーブル太さは、ノギスで計測したところ実測値が4.8mm。

このキーボードは「USBパススルー」を搭載していないので、割と細めのケーブルになっており、取り回しはとてもやり易いのがPOINT。

 

Xtrfyの商品はこだわっており、このケーブルは全てイエローブラックの編み込みケーブルです。

ヘッドセット「H1」Xtrfy H1 ケーブル
マウス「M1」Xtrfy M1 ケーブル

個人的には耐久性も高く、変なクセも付きにくいので『編み込みケーブル』一択。

一見小さなこだわりですが、非常に好感が持てる開発メーカーのプライドを感じました。

 

背面

ケーブルの配線向きを調整することが出来る「三方向のケーブルマネジメントが可能」なケーブル溝加工が施されており、PCデスク上の配置も自由自在。

正面配線Xtrfy K2-RGB 正面配線
左配線Xtrfy K2-RGB 左配線
右配線Xtrfy K2-RGB 右配線

人によってPCデスク上のレイアウトは異なるので、万人に喜ばれる『非常に便利な隠れ機能』を採用しています。

 

角度調整用のチルトスタンドは『2段階調整式

Xtrfy K2-RGB チルトスタンド

そして、このチルトボタンの先端は。。。さすが!分かってらっしゃる。

このへんも抜かりなく、ちゃんと『滑り止め用のラバー材』です。

 

たまに存在するのですが、ここをちゃんとラバー材にしてくれないメーカーさんも実在しています。

ラバーじゃないと滑るっちゅうねん!GOOD!

 

「K2-RGB」の打鍵感・使用感

Xtrfy K2-RGB 使用感・使い心地

やっぱり赤軸は正義!

非常に心地よい”メカニカル独特のキータッチ音”が耳を幸せにしてくれます。

赤軸は、非常に幅広い多くのユーザーが第一候補として選ぶであろう一番人気の軸ですからね。

 

百聞は一見に如かず!こちらの動画でご覧ください↓(イヤホン推奨)

僕がタイピングが下手糞なのはご容赦下さい。

これぞ正しく「THE メカニカル!」という素晴らしいキーサウンドは圧巻の一言。

とても心地よく、クセになってしまう打鍵音に仕上がっています。

 

ちなみに他の赤軸キーボードとも少し打ち比べをしてみました。

若干ですが、この「K2-RGB」のキーは押し込んだ時に跳ね上がってくる圧が高いような感覚。

これのおかげで打ちやすかったのか。と納得です。

 

この独特の反発力は次の入力速度が上がるので、FPSをプレイ中でも一役買ってくれます。

キー入力が快適そのもの。

ゲームも何もしてないのに、無意識に「WASD」のキーを『カチャカチャ』いじってしまう、中毒性のある使用感です。

 

「K2-RGB」の照明

Xtrfy K2-RGB 照明

これかなり凄いですよ!

冗談抜き!このライティング効果だけで人を惹きつける魅力がふんだんに詰まっています。

文字じゃ伝わんないので、下記の動画をご覧ください↓

凄かったでしょ!!

この他にも「あんまり派手なライティングは苦手」という方でも安心の静的ライティングと言うものもあります。

エフェクト効果がなく、ずっと同じパターンで光ってくれるものです。↓(クリックで拡大可能)

Xtrfy K2-RGB 静的ライティング
Xtrfy K2-RGB 静的ライティング
Xtrfy K2-RGB 静的ライティング
Xtrfy K2-RGB 静的ライティング
Xtrfy K2-RGB 静的ライティング
Xtrfy K2-RGB 静的ライティング
Xtrfy K2-RGB 静的ライティング

このK2-RGBはソフトウェア不要のゲーミングキーボードのため、これらの切り替えは全てキー操作で行います。

切替方法

それぞれを『同時押し』で簡単に切替が可能。

・バックライト効果 → 「FN」+「6」

・タイピング効果 → 「FN」+「5」

・静的ライティング → 「FN」+「9」

・ライティングOFF → 「FN」+「半角/全角キー」

さすがXtrfyの”ハイエンドモデル”にふさわしいライティング性能でした。

正直これに惹かれて買う人も大勢いらっしゃると思います。

Xtrfy舐めてました。ごめんなさい。

 

「K2-RGB」の重量感

Xtrfy K2-RGB 重量感

約1.2kgという一般的なキーボードに比べて、比較的重めの重量感となっています。

FPSでとっさにマウスが当たってしまってもビクともしません。

 

このヘビー級の重量感は、持った瞬間「高級キーボードだ!」と分かるという『所有欲』も高めてくれるという一石二鳥の役割も。

キーボードはプロゲーマーでもない限り、普段持ち運びすることは皆無なので、これ位の重さがあっても全然アリですね。

 

「UK配列」って「US配列」と何が違うの?

僕自身「US配列」はよく耳にするけど「UK配列」は聞きなれない配列だったので、最初は結構不安でした。

(たぶん僕と同じ不安のせいで購入に不安を持っている方も多いはず。。。なので解説します。)

 

結論。US配列とほぼ同じ(むしろ日本語配列寄り)だから心配しないで大丈夫です。

この「K2-RGB」は『UK配列』と言っても、ほぼ『US配列』と同じです。

違う点はこんな所↓

 

①「左SHIFT」周辺

UK配列左シフト UK
US配列左シフト US

「K2-RGB」で採用されているUK配列では、この「SHIFTキー」がとても小さいです。

最初は戸惑いましたが、慣れれば普通にゲームプレイは可能。

僕の場合、5分もしないうちに違和感はなくなったので問題なしです。

 

②「エンターキー」の形状

UK配列エンター UK
US配列エンター US

「K2-RGB」で採用されているUK配列では、「エンターキー」が日本語配列のエンターと同じ形状になっています。

僕は普段「日本語配列」を好んで使っているため、US配列よりもしっくり。

この記事も今「K2-RGB」を使っていますが、日本語配列と同じ感覚で打てています。(US配列より良いです)

 

③£(ポンド)や€(ユーロ)の表記がある

UK配列ポンド UK
US配列US

UKはイギリスなので、この様な通貨記号の印字がされています。

僕たち日本人ユーザーだと日常ではほぼ使わない記号ですが、これが印字されているからといって、特に不便に感じることはないので、全く気になりませんでした。

(むしろ、調べて初めてこの違いに気付いたほど。)

 

以上、この3点が「US配列」と「UK配列」の大きな違いの様です。

この他にも『_』や『(』の表記が違う所がありましたが、3分で慣れました。問題なし。

 

『_』は『アンダー』と打って変換すれば大丈夫。

『(』は、キーの印字が違うけど『シフト』+『8』でOK!

細かい違いで、他にもこんな違いがあるよ!という方は本稿のコメントにてご教授下さい。

 

普段使いが「日本語配列」の僕は、正直「US配列(アメリカ)」よりも「UK配列(イギリス)」の方が使いやすかったです。

この記事もいつも通り普通に打ててますからね。(もちろんゲームでも問題なし。)

 

ちなみに参考資料ですが、Twitterにて簡単な市場調査を行いました。

日本語配列とUS配列の参考割合はこんな感じ↓

 

やはり日本語配列を好む人が多いですね。

この57%の人は『UK配列』と相性が良いです。もちろん『US配列好き』な方でも問題なし!

結論、この「K2-RGB」は、僕と同じ様に「日本語配列ユーザー」でも、「US配列ユーザー」でも大変乗り換えがしやすい『良い配列』だという事をお伝えしておきます。

 

1年保証付き

安心の1年保証

最近の有名ゲーミングデバイスメーカーのほとんどは「2年間保証」を取り入れています。

これに比べたら「短い」と感じますが、言うて「365日」です。

格安メーカーと比べるのも失礼ですが、このクラスのキーボードは早々壊れるモノではありません。

 

この安心感は特別なモノ。

Xtrfyさんに安心も預けて、目いっぱいゲームを楽しんでください。

 

まとめ

Xtrfy K2-RGB

いかがだったでしょうか。

今回はハイエンドモデルのゲーミングキーボード「K2-RGB」をレビューしていきました。

CS:GOの世界最強のプロチーム「Ninjas in Pyjamas」が実際に使用しているというだけあって、本当に素晴らしいキーボードに仕上がっていました。

 

配列モデルも「日本語配列」「US配列」とほぼ同じ感覚で使える「UK配列」を採用しているので、気になった方は是非購入されてみて下さい。

きっとお気に入りの最高の1枚になると僕が保証します。

では、今回はこのへんで!バイなら!

▼商品リンク▼

 

 










コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

熊本県在住。「ブログ・FPS・ゲーミングデバイス集め」が趣味のアラサーです。愛犬「トイプードル」と毎日じゃれて遊んでます。 FPSは「PS4」「PC」どちらもプレイ。 腕前は、FPSゲームなら何でも「キルレ2.0~2.5」のエンジョイゲーマーです。