【徹底レビュー】ZOWIE EC2-B「FPSプロゲーマー使用率1位」の新ゲーミングマウス

ZOWIE EC2-B




今回徹底レビューしていくのはBenQの「ZOWIE EC2-B」。

BenQのZOWIEシリーズのマウスと言えば、「プロゲーマー」に最も信頼されている玄人向けのゲーミングマウスです。

FPSプレイヤーなら、このゲーミングマウスを絶対に知っておいた方が良いです。

詳しくレビューしていきます。

 

プロゲーマーの使用マウスランキング

上位3位は以下の通り。

1位「ZOWIE EC2-A」(55名)
2位「ZOWIE EC1-A」(21名)
3位「ZOWIE FK1」(18名)

※CS:GOのプロゲーマー
参照元「CS:GO Pro Settings and Gear List

信頼されている理由は、この「ZOWIE」シリーズはCS:GOのプロゲーマーが監修して作られているという事にあります。

プロゲーマーが「FPSで勝つため」のマウスとして作られているので、プロではない一般FPSユーザーにも大人気のシリーズです。

 

「CS:GO」と言えば、FPSゲームの代表的なゲームタイトルで、もっともプロリーグが盛んな「FPS」。

そのゲームのプロたちから圧倒的に支持されているのが「EC2-A」です。

今回レビュー紹介していくのは、その「お化けマウス」の新型モデル「EC2-B」になります。

 

・なぜそんなにも「プロゲーマー」に人気なの?

・気になる性能は?

という疑問にも触れていこうと思います。

「EC2-A(旧)」と「EC2-B(新)」の違いは?

「EC2-A(旧)」「EC2-A(旧)」
「EC2-B(新)」「EC2-B(新)」

・形状は全く同じで、センサーが新世代のモノに進化
・底面に「ポーリングレート」「DPI」ボタンを設置して便利になった
・表面の光沢が強くなった

大きな変更はなく、使いやすさ・性能面がアップしています。

上のプロゲーマー使用調査も、最新の情報に変わっていけば、間違いなく今回レビュー紹介する「EC2-B」が1位に間違いなくなります。

(にしても、商品名が分かりにくすぎる。モノは凄く良いのに、名前だけで、新規購入者を逃している数が結構いると思う。勿体ない。)

 

「EC2-B」の大きな特徴

「EC2-B(新)」 大きな特徴
・圧倒的な「持ちやすさ」(指先のコントロールが広がる)
・これは軽い(88g)
・「プラグインプレイ」専用ソフトウェア不要で使用可能
・「余計な機能はいらない!FPS専用機がこれだ!」という機能性
・2種類大きさのラインナップがある

 

「EC2-B」を実際握った様子

ZOWIE EC2-B 握った様子

手の大きさ(参考)

手 大きさ

この握りやすさは凄い。

まず感じたことは、他のゲーミングマウスに比べて画像↓の距離が短いこと。

EC2-B

この短さは初めて体験したが、プロゲーマー監修モデルはやはり凄かった。

この距離が短いという事は、手の懐(ふところ)が広がり、指先での調整力が上がります。

 

「持ち上げ動作」「極端なエイムの微調整」がとてもやりやすいということです。

これは他にはない体験なので、一度実際握ってプレイしてもらいたい。

 

操作した時、マウスに触れる「親指、薬指、小指」の感覚・調整がもっと繊細になったと言えば伝わるかな?

FPSでの遠距離戦時、「エイムの微調整がとても上手くいく」ことを感じてもらえます。

 

他のマウスとの比較(画像)

他のマウスを持っている人は参考にして下さい。

ゲーミングマウス 比較ゲーミングマウス 比較

 

何といっても軽い(88g)!

ZOWIE EC2-B 軽い他社製品を引き合いにして申し訳ないけど、「ロジクールのG703」と持ち比べたらとてつもない軽さ。

(G703はワイヤレスだから重いので仕方ないんだけどね。笑)

 

にしても、圧倒的軽さ。

ローセンシプレイヤーでもマウスさばきで疲れる心配はありません。

 

「EC2-B」の性能(スペック)表

EC2-B スペック性能

出典「4gamer」より

  • 基本仕様:光学センサー搭載ワイヤードタイプ
  • 搭載センサー:PixArt Imaging製「PMW3360」
  • ボタン数:5(左右メイン,センタークリック機能付きスクロールホイール,左サイド×2)
  • トラッキング解像度:400/800/1600/3200DPI
  • ポーリングレート(USBレポートレート):125/500/1000Hz
  • オンボードフラッシュメモリ:なし
  • LEDイルミネーション:非搭載(※本体底面にLEDインジケータは搭載)
  • 実測本体サイズ:【EC1-B】69(W)×128(D)×43(H)mm,【EC2-B】64(W)×120(D)×40(H)mm
  • 実測重量:【EC1-B】94g(※ケーブル除く),【EC2-B】88g(※ケーブル除く)
  • 実測ケーブル長:2m
  • 保証期間:1年間

 

「プラグインプレイ」の便利さ

ZOWIE EC2-B プラグインプレイ

これがプロゲーマーから支持される大きなポイントです。

プロゲーマーはオフライン大会に出場するために、色んな会場・色んなPCでプレイすることが多いです。

 

だから、会場のPCにいちいちマウスの設定をするソフトウェアをダウンロードするという手間は無い方が良い。

納得です。

もちろん、一般ユーザーである僕たちにとっても、設定が簡単なのでメリットです。

 

「ソフトウェアが無いってことは、ボタン割り当て使えない」と思っている人へ
マウスのボタン割り当てが出来なくても、ゲーム内のキー割り当てで設定してあげれば、サイドボタンのカスタマイズが出来ます。

僕もこの機能を、今まで知らなくて「プラグインプレイ」マウスを避けてきましたが、ちゃんとできます。

サイドボタンに「リロード」「武器の切替」などばっちりです。

(PUBGやBF1、BF4などで経験済み)

 

DPI設定

ZOWIE EC2-B DPI(シリアルナンバーはサポートの都合上、モザイク処理しています)

この設定は「右」のボタンを押すことで変更が出来ます。

ライト(LED)の色で今の「DPI」がいくつか分かります。

DPI設定時の色の変化
赤=400dpi
紫=800dpi
青=1600dpi
緑=3200dpi

ワンタッチで変更できるのは便利ですが、「この数値以外」のプレイヤーは、このマウスを避けた方が良いです。

これが「プラグインプレイ」の弱点ですね。

 

ポーリングレート設定

ZOWIE EC2-B ポーリングレート

「ポーリングレート」とは「1秒間にPCとマウス間で何回の更新を行うか」の数値です。

この設定値が高い程、FPSでは細かなエイム調整が可能になります。

この設定は「左」のボタンを押すことで変更が出来ます。

「125 hz」→「500 hz」→「1000 hz」から設定可能です。

 

クリック感

ZOWIE EC2-B クリック感

これは好みが別れると思います。

EC2-Bは「しっかり」とした「クリック感」です。

人によっては「重い」と感じる人もいるかもしれません。

 

最近のゲーミングマウスの主流は「軽いクリックテンション」なので、最初は驚きました。

でも、FPSで使っていくうちに「慣れれた」ので、心配はいりませんが最初は戸惑うかもしれません。

 

ホイール感

ZOWIE EC2-B ホイール

「カチカチ」としたしっかり目のホイールスクロールと、ホイールクリックです。

 

どうやらこのマウス、スイッチ関係は「及第点」で良いから、それよりもっとFPSに重要な「形状」と「使いやすさ」にこだわって作られていると感じます。

もちろん語弊がない様にお伝えしますが、決して劣っている訳ではありません。

あくまで、「セールスポイント(強み)は、もっと大事な部分にある」という意味です。

 

サイドボタン

ZOWIE EC2-B サイドボタン

「軽く、スイッチは深い」部類に入ります。

サイドボタンの位置はとても良いです。

FPSで、「握り直し」という無駄な動作もなく、即座にアクセスできる位置なのでストレスは感じません。

 

ケーブル

ZOWIE EC2-B ケーブル

細く柔らかい「ビニールタイプ」です。

これは個人の好みによって分かれますが、僕は「編み込み派」なので「うーーん」という感じでした。

ビニールタイプは、「マウスパッドとの摩擦が少ない」ので、好きな人には「当たり」だと思います。

「EC2-B」のケーブルは柔らかく操作しやすいため、ストレスを感じる人は少ないですね。

 

ソールの形状・位置

ZOWIE EC2-B ソール

ソールは計5か所。

「シンプルに小さい」のが大きな特徴です。

「滑り」よりも「止める」ことをコンセプトとしての配置でしょう。

 

そしてこの「EC2-B」のソール。

なんと「交換用ソール」が付いてくるんです。

(計4回交換分。ZOWIEのステッカーシール付きです。)

ZOWIE EC2-B 交換用ソール ステッカーシール付き

僕は今まで10個以上ゲーミングマウスを買ってきましたが、交換用のソールが同封されていたのは初めてで、とても驚きました。

「長い期間でも安心してお使いください」という配慮と思いやりが「買って良かった」と思わされました。

 

サイズは2種類

このマウスは2種類の大きさから選ぶことが出来ます。

基本的な「性能・形状」は全く同じです。

 

今回のレビュー品↓

日本人の平均的な手の大きさならこちらの方がフィットします。

手が小さい人=「EC2-B」

 

手が大きい人=「EC1-B」

 

まとめ

プロゲーマーレベルの正確なエイムを目指す人は、このマウスも視野に入れても良いと思います。

FPSの腕はもちろん、快適にFPSライフが遅れるのは間違いないゲーミングマウスでした。

早く買っておけばよかった。。。


こちらの記事も人気です↓


その他の「ゲーミングデバイス」の記事はこちらから↓
ゲーミングデバイス記事 一覧

FPSの上達のコツはこちらから↓
FPS上達のコツ 一覧











FPSはスポーツ選手と同じく、「競技プレイヤー」です。

野球選手が「バット」にこだわるように、ゲーマーは「マウスやヘッドセット」などの「デバイス」にもこだわるべき。

自分が使う道具には万全の状態で練習しましょう!↓

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

熊本県在住。「ブログ・FPS・ゲーミングデバイス集め」が趣味のアラサーです。愛犬「トイプードル」と毎日じゃれて遊んでます。 FPSは「PS4」「PC」どちらもプレイ。 腕前は、FPSゲームなら何でも「キルレ2.0~2.5」のエンジョイゲーマーです。