【G440t レビュー】「滑りを求める」ならこのゲーミングマウスパッド

ゲーミングマウスパッド デザイン




logicool(ロジクール)のハードゲーミングマウスパッド「G440t」のレビューです。

「G440t」と「G440」がありますが、商品は全く同じで、右下のロゴマークが違うだけになります。

 

このマウスパッドは、プロゲーマーの「ダステルボックス」選手が好んで使っていることで有名。

僕もダステルさんのエイムに憧れて、このマウスパッドを買ってみましたが、正直自分には合いませんでした。

 

マウスパッド(ソフト派・ハード派)には人それぞれ相性があります。

合う人にとっては、「ハード以外使えない」という人もいます。

 

マウスパッドは、FPSをやる上でマウスの次に重要なデバイスになるため、慎重に選び自分の感覚に合うものを選びましょう。

自分に合ったマウスパッドを選ぶ事で、他のデバイスと比べ、格安でエイムが変わってくれます。


こちらの記事も人気です↓



代表的な分類は2種類

①ソフト(布製)タイプ
ARTISAN 零 MID マウスパッド・エイムの「止める」に特化したマウスパッド
・表面が「布」なので、メンテナンス(掃除)が定期的に必要
・クッション性が高く、マウス操作時も静音で疲れにくい
・湿度に弱い

 

②ハード(プラスチック製)タイプ
ハードマウスパッド
・特徴は、エイムの「滑りやすさ」に特化したマウスパッド

・表面が「プラスチック」なので、メンテナンス(掃除)が楽
・クッション性が低く、マウス操作時は多少うるさく疲れやすい
・湿度に強い

 

種類によって驚くほど別の操作感になるため、自分の好みとプレイスタイルに合わせて選びましょう。

自分がどっちのタイプなのかは、正直実際使ってみなければ分かりません。

 

マウスパッドは低価格なので、どちらも実際に買ってみて試すことをおススメします。

他の高いゲーミングデバイスを試すよりは断然「格安」でFPSの上達のコツをつかむことが出来ます。

 

「G440t」はこんな人におすすめ

G440t こんな人におすすめ・「滑り」を優先して、エイムを高速に、少ない力でやりたい人
・まだ自分に合ったマウスパッドを見つけられていない人
・低価格でFPSが上達のコツをつかみたい人

 

「G440t」の表面

G440t 表面

「ツルツル」した表面ではなく「ザラザラ」とした表面です。

操作感は布と大違い。

ビックリするほど、滑ります。慣れていないうちはエイムが「行き過ぎる」程です。

 

しかし、これに慣れさえすれば、エイム速度は「ハードが最速」です。

僕はどうしても布の方が相性がいいため愛用とまでは行きませんでしたが、相性が合えば間違いなくFPSのクリアリング・エイムが最もやりやすいマウスパッドです。

ハードが好きな方には、「センサー認識、滑り、操作感」は間違いない良い商品でした。

 

 

水をこぼしても大丈夫!

飲み物をこぼしても大丈夫
PCゲーマーならありがちな、「飲み物をこぼしてしまう」事故。

布製だと、水で濡れてしまった時、濡れた個所がセンサー反応しなくなり、乾かすのに苦労します。

 

この「G440t」の様なハードタイプなら全く心配いりません。

さっと一瞬拭くだけで、いつも通りのプレイができます。

 

ローセンシでも満足の大きさ

ローセンシでも大丈夫サイズ:340 mm × 280 mm × 3 mm

耐久性も、厚みが3mmあり、そうそう割れたりしません。

裏面のラバーの厚みも十分です。

 

裏面はもちろん滑り止め付き

G440t 裏面 ラバー色は、ロジクールのブランドカラーの「ライトブルー」で、しっかりとしたラバーです。

操作中にズレたりする心配は全くありません。

 

買った後の注意点

G440t エッジこれは、個体差かもしれませんが、僕の買った商品は、画像の矢印の箇所。

エッジ(端の先端)が尖っていました。

 

人によっては手首が擦れて痛くなるため、紙やすりなどで丸めた方が良いかもしれません。

直ぐに自分で解決できるとは言え、これはマイナス点でした。

 

まとめ

マウスパッドには好みがあり、相性があります。

滑りを追求する人には良い商品でしたが、ソフト派の人には全く合いません。

これは実際試してみてください。

 

僕と同じで「ソフト(布)派」の人には、こっちの方がおすすめです。

ローセンシ(低感度)の人はこれがおすすめ。

 


その他のデバイス関連の記事
ゲーミングデバイス記事 一覧

FPS上達のコツはこちら
FPS上達のコツ 一覧











FPSはスポーツ選手と同じく、「競技プレイヤー」です。

野球選手が「バット」にこだわるように、ゲーマーは「マウスやヘッドセット」などの「デバイス」にもこだわるべき。

自分が使う道具には万全の状態で練習しましょう!↓

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

熊本県在住。「ブログ・FPS・ゲーミングデバイス集め」が趣味のアラサーです。愛犬「トイプードル」と毎日じゃれて遊んでます。 FPSは「PS4」「PC」どちらもプレイ。 腕前は、FPSゲームなら何でも「キルレ2.0~2.5」のエンジョイゲーマーです。