【FPS】PCゲーム中の不調(カクつく 他)「6つ」の解決法
FPSゲーマーはこちらも必見

FPSゲーマーは必ず”ダークファイバー(独自回線)”の光回線を選びましょう。

 

この記事では、【超高速・高安定】となる”ある2つの光回線”がなぜ速いのか、 イラストも使いながらその理由を解説します。

 

4.5万円の高額キャッシュバックが貰えるダークファイバー回線もご紹介。

 

『お得・快適』をキーワードにどの光回線を選べば良いかを厳選してお伝えします。

 

 

どうも皆さんこんにちは!『RYO(@ryo_blog_fps)』です^^

僕のPCが、最近「ゲーム中にカクツキ」という現象が出始めました。

PCスペックは十分足りている、というか「今までちゃんとヌルヌル」で動いていたんですが、急に不具合が出始めたんです。

 

そこで今使っているPCの「マウスコンピューター」のサポートセンターに電話をし、言われた通りの対策をしたら見事一発で解決!

僕自身本当に助かったので、同じ様な症状でお困りの皆さんにも知ってもらえるように記事にしたいと思います。


RYO
RYOBLOGではゲーミングデバイスの「レビュー記事」を90記事ほど投稿しています。こちらも忘れずに要チェックです!

僕の場合の「不調(トラブル)」内容

トラブルの内容
①「BF1やBF4」をプレイ中に、マウスとキーボードの入力が、体感「0.5秒程入力遅延?」があり、まともにFPSが出来なかった
②「焼夷グレネード」や「ガスグレネード」のダメージを受けた時だけ、フレームレートが「200fps」→「40fps」位に急激に落ちる(画面が「カクカク」になる。画面が「カクつく」。)

これがあってかなりの「ストレス」を感じていましたが、以下の方法で改善しました。

 

対策方法

この3つ!
①「グラフィックボードのドライバー」を疑ってみる
②不要な「常駐ソフト」を無効にする
③Windowsアップデートを確認する

この「3つ」をまずは最初に疑ってみて、対策をしていきます。

 

スポンサードリンク


①まずは「グラボのドライバー」は最新のものかチェック

チェックの仕方は何通りかありますが、僕が実際サポートを受けた手順をご紹介します。(Windows10の場合)

 

チェック方法↓

・画面左下の「Windowsボタン」を「左クリック」

・「デバイスマネージャー」を「右クリック」

・その中の「ディスプレイアダプター」を「ダブルクリック」

 

するとこんな画面になります。

 

・今あなたがお使いの「グラボ」が表示されますので、これを「ダブルクリック」して下さい。

・タブの「ドライバー」を選択し、その中の「ドライバーの更新(P)」をクリックします。

あとは、画面に出てきた「ドライバー ソフトウェアの最新版を自動検索(S)」をクリックです。

 

古いVerだった場合は「ダウンロード」をかけましょう。

以下の画面になったら、OKです。

ドライバー更新完了画面

僕の場合、これは最新の状態だったので、これが原因ではありませんでした。

僕のカクツキの原因は、次の項目のこれ↓

 

②不要な「常駐ソフト」の「簡単な見つけ方」と「無効化方法」

僕の場合これが原因でした。

これを設定して再起動をかけたら、悩みだった「カクつき」と「入力遅延?」が全て解消。

 

ただこの方法は、少しややこしく、設定項目・手順を間違えると「PCが起動できなくなる」「ゲームが起動できなくなる」などの危険があります。

以下の手順をしっかり守って慎重に設定操作をしてください

 

不要ソフトの無効化方法↓

・まず、先ほどと同じように「画面左下のWindowsボタン」を「右クリック」

・「ファイル名を指定して実行(R)」をクリックします。

・入力欄に「msconfig」と入力して「OK」を押します。

 

タブの「サービス」をクリックするとこのような画面になります。

①左下の「Microsoftのサービスを全て隠す(H)」に必ずチェックを入れてください。(手順:要注意)

(大事なPCソフトまで、無効化しないようにするための「チェックマーク」だそうです)

②その後、右下の「全てを無効」をクリックしてください。

あとは、ゲームで使用しそうな「NVIDIA関連」「デバイスのソフトウェア関連」「ゲーム関連」など、ゲーム時に使いそうな項目にチェックを入れていきます。

(ゲームのアンチチートプログラム系は名称が分かりにくいのでご注意を。)

 

判別のやり方:MEMO

「サービス名」と「製造元」を交互に見ながら、必要そうなものを判別していきます。

PCの知識に自信がない人で【これなんだ?自信ない。】と思うものには念のためチェックを入れておいた方が無難です。

 

チェックを入れ終えたら、「OK」をクリック。

 

再起動を促すメッセージログが表示されますので、再起動をかけましょう。

これで解決です。

文章にすると、長くて難しそうですが、やってることは至って簡単でした。(3分もかからない位)

 

※1 ここで一番見逃しやすいのは、ゲーム自体の「アンチチートプログラム」の類の項目です。

実際僕は、「PnkBstrA」というBFで必要なプログラムにチェックを入れ忘れてしまい、ゲームするたびに落ちるようになってしまいました。

同じ手順で、この「PnkBstrA」にチェックを入れ直したところ、通常の様にプレイできるようになりました。

 

※2 「セキュリティーソフト」のオフに関しては、「自己責任」で行ってください。

何か問題が起きた場合、一切の責任は負いませんのでご注意を!

 

③Windowsアップデートを確認する

Windowsアップデートは、放置しているとPCゲーム中でも、「更新しなきゃ」と裏で負荷がかかっています。

上記2つを試してダメだった場合、こちらも疑って対策をしてみてください。

この方法は、1番簡単。

 

Windowsのアップデート方法↓

・まず「トップ画面」左下の「Windowsボタン」を「左クリック」します。

・そして「設定(歯車マーク)」をクリックです。

 

すると、この画面になります。↓

Windowsアップデート・この赤枠の「更新とセキュリティ」をクリックしましょう。

すると、この画面になります↓

Windowsアップデート2

赤枠の「更新プログラムのチェック」をクリックです。

更新プログラムが溜まっている場合、Windowsアップデートが始まります。

あとはこのアップデートが終わるまで待ちましょう。

これで、この対策法は完了です。

 

④マウスのポーリングレートを下げてみる

この対策方法は、【ゲーム中とっさの振り向き(動き)時にカクついてしまう】という方に”効果があった”という報告が多い対策法です。

ポーリングレートとは

ゲーミングマウスは、一般的に「1秒間にPCと何回更新するか」の設定が可能なものが多いです。

ポーリングレート(=レポートレート)の2つの名称がありますが、どちらも同じと思って大丈夫。

通常、『〇Hz(ヘルツ)』と表記され、125 / 250 / 500 / 1000Hzの4つからカスタム可能です。

(この値はお使いのメーカーによっても異なり、中には2000Hzまで対応しているメーカーもあります)

このポーリングレートを仮に「1000Hz」に設定したとすると、当然1秒間に1000回ものデータのやり取りを行う訳ですから、ゲーミングPCにそれなりの負荷がかかっている状態。

(ハイスペックPCなら、1000Hzでもカクつく問題は起きないでしょう。=マシンパワーに余力があるため)

ですので、「どうしてもマウスを動かす時にカクつくんだよなぁ。」という人は、このポーリングレートを下げて、データ通信によるPCの負荷を下げてみましょう。

 

今でこそ、1000Hzユーザーが多いですが、FPSのプロゲーマーの中には、今も尚「500Hzの方がエイムがしやすい」というプレイヤーも多いです。

このポーリングレートを下げてみれば「カクツキの改善・エイムの安定」という、一石二鳥でFPSがより快適になる可能性があります。

これはもちろん、「1000Hzの方が好み」という人も多いので、どうしてもカクつく場合は、このポーリングレートを下げてみる。というのも試されてみて下さい。

 

⑤それでも症状が改善されない場合

不具合が出ている「ゲームソフト」(今回の僕で言えば「BF1」「BF4」)を、一旦「アンインストール」して「インストールし直す」ことが必要だそうです。

BFは、データが軽く100GBを超えるので、そんな気軽に出来るものではないため、解決して本当に良かった。。。

 注意

上の「対策方法」は、お使いのPCスペックが「十分な性能を持っている」場合にのみ有効です。

そもそも、PCスペック不足が原因で「かくつき」や「描写不良」が起きる場合は、PCスペックをあげましょう。

(高い買い物になるので、億劫ですがPCゲーマーの宿命です。)

 

⑥以上全てを試してもダメだった人へ

 

カクツキの原因の一つに挙げられるのが『回線の安定性不足』です。

FPS(オンラインゲーム)をやる人ならば一番大事な『PING』の事は絶対に知っておきましょう。

「PING」とはなんぞや?
応答速度とも言い、単位はms(ミリセカンド:1/1000秒)です。応答するまでの時間なので、値は小さいほうが優秀です。
超簡単に言うと、
ping値:1msのプレイヤーは理論値では1秒間に1000回サーバと通信できるのに対して、
ping値:200msのプレイヤーは1秒間にたった5回しか通信できません。

 

つまりこの数値が低ければ低い程、ラグ(遅延)に影響を受けにくく快適にFPSがプレイできている。という事になります。

ゲームのカクツキが治らない場合は、このPINGが異常に高くないか調査が必要です。

 

PC版向け測定方法

下のボタンをクリックすると『SPEEDTEST』という回線速度やPingの測定サイトに飛べます。

 

リンク先に行くと下の様な画面になるので『GO』をクリックで計測が開始。

 

すると下の様な画像が表示されます。

FPSでの理想は、この『PING』が画像の様に一桁だと、とても快適にFPSがプレイできている環境です。

しかし、この数値が40前後になってくると少しずつ「今のは完全にラグだ」と感じるようになってしまいます。

50~100以上だともはや快適とは程遠く、いくらエイムを練習したところで弾が全て正確に当たってくれる訳がありません。

 

FPSをやる上でもっとも理想的なPINGは一桁台。

PINGの改善方法の中で一番手っ取り早いのは、FPSに最適な光回線に変えること。

まずは最優先で「PINGの改善」を目指して環境を構築していきましょう。

 

FPS向けの光回線はこちら↓

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は、僕と同じような症状でお困りの人のために記事化しました。

重要な設定も含むので、「手順をしっかり確認されて行われること」と「必要・不要なソフトを正しく選ぶ」ことに注意して下さい。

 

もしこれでも改善されない場合は、PCの不具合も考えられるので「使っているPCメーカーのサポートセンター」に連絡しましょう。

せっかくのゲームライフ、あなたが「ストレスなく快適」にプレイできるように願っています。



 

information

Youtubeでもゲーミングデバイスの【動画レビュー】を配信中!

 

映像でより分かりやすいレビューを投稿してます。

 

 

 

スポンサードリンク




FPSゲーマーはこちらも必見↓

FPSゲーマーは必ず”ダークファイバー(独自回線)”の光回線を選びましょう。

この記事では、【超高速・高安定】となるある2つの光回線”がなぜ速いのか、 イラストも使いながらその理由を解説します。

4.5万円の高額キャッシュバックが貰えるダークファイバー回線もご紹介。

『お得・快適』キーワードにどの光回線を選べば良いかを厳選してお伝えします。

RYOBLOG公式Twitterはこちら