【レビュー】満足度300%のキーボード「CORSAIR / K70 RGB MK.2 LOW PROFILE」




皆さん、ついに史上最高のゲーミングキーボードを見つけてしまいました!

その名もCORSAIRの「K70 RGB MK.2 LOW PROFILE」というゲーミングキーボードです。

 

「高級感のある洗礼された外観」

「最高に心地の良い打鍵感」

「FPSでも高いポテンシャルを発揮してくれる最高の使用感」

 

もう完璧です。

僕はこれまでにゲーミングキーボードを20種類近く(20万円)程購入してきましたが、やっと最高のパートナーを見つけることができました。

この感動を皆さんにも感じてもらえるようなレビューに仕上げていこうと思います。

 

Amazon評価も軒並み高評価!

気になる方はAmazonで要チェックです。


RYO
RYOBLOGではゲーミングデバイスの「レビュー記事」を80記事ほど投稿しています。こちらも忘れずに要チェックです!

「K70 RGB MK.2 LOW PROFILE」の大きな特徴

K70 RGB MK.2 LOW PROFILE 大きな特徴

・スピード軸(銀軸・シルバー軸)搭載と、1680万色RGBに対応した「FPSに最適」な高性能フルキーボード。

・ブランド初となる「キー高さを35%減」させた「Low Profileモデル」を採用。キー入力速度が異常なまでに最速

・「Low Profileモデル」の恩恵は使用感だけじゃない!外観のカッコよさとベストマッチ!高級感はまさしくNO.1!

・打鍵音もとても静か。職場で使用できるレベルで静音性に優れる。

・標準付属品として「専用パームレスト」搭載。手首の疲れも圧倒的軽減。

・スイッチ一つで快適。「照明切替キー」「マルチオーディオコントロールキー」を標準搭載。まさに至れり尽くせりなキーボード。

 

「K70 RGB MK.2 LOW PROFILE」の性能表

キースイッチ Cherry MX Low Profile Speed RGB
キーストローク 3.2mm
アクチュエーションポイント 1.0mm
押下圧 45g
キー耐久性 5000万回
ポーリングレート 125/250/500/1000Hz
LEDイルミネーション 1680万色
本体重量 1080g
パームレスト 付属
保証期間 2年間

 

「K70 RGB MK.2 LOW PROFILE」の外観

K70 RGB MK.2 LOW PROFILE 外観

「極上のカッコよさ」とは正しくこのキーボードのためにある!

これまで購入してきたどのゲーミングキーボードよりも群を抜いて最高。

完全なる独断と偏見ですが、「コルセア史上最高傑作」と言い切ります。

 

これまでのゲーミングキーボード史上最高かもしれません。

それ位高級感に溢れるロマンの塊の様なキーボードです。

 

「高級感あふれる表面加工されたアルミ(金属)フレーム」

K70 RGB MK.2 LOW PROFILE

「キーが浮き型(フローティングデザイン)採用で抜群のメカメカしさ」

K70 RGB MK.2 LOW PROFILE

「コルセアならではの約束された照明の美しさ」

K70 RGB MK.2 LOW PROFILE

もう最高過ぎて僕は、PCを使っていないのに無駄にキーに触ってしまうほどやられてしまいました。

 

しかし非常に困ったことがあります。

僕の個人的な問題ですが、これだけ最高のモノに触れてしまうと次に購入するキーボードへの感動が薄れてしまう。。。

僕にとっては死活問題。

 

たぶん今後いくつもゲーミングキーボードを買うでしょうが、レビューの試遊のために使用し、結局この「K70 RGB MK.2 LOW PROFILE」に戻すと思われます。

まさにレビューブロガー泣かせの愛すべきキーボードです。

こんな良いキーボードと出会わなければ良かった。。。w

 

「K70 RGB MK.2 LOW PROFILE」の打鍵感

K70 RGB MK.2 LOW PROFILE 打鍵感

非常にスマートで「クイックレスポンスの鬼」ですね。

ただでさえ高速入力可能な「スピード軸」を採用している他、これまでの一般的なキーボードのキートップの高さに比べて「35%減」という圧倒的低さなので、体感「キーのストローク長」が極端に短く感じます。

これにより、指を持ち上げる高さも低くすむので、手首への負担がとても軽いのが大きな特徴です。

(↑ここ重要)

K70 RGB MK.2 LOW PROFILE

 

僕の様に「長文を打たないといけないブロガー」や、「長時間FPSゲームをプレイするプレイヤー」にとっては、最高に相性の良いデバイスとなります。

 

正直、この感動を覚えてから、今後のゲーミングキーボード界はこの「低背キー」が他のメーカーでも当たり前の様に採用され始めるだろうと予想しております。

それ位業界に与えた衝撃(インパクト)がありました。

 

打鍵音を例えるなら、とても静音な「スコスコ」と言った打鍵音です。

百聞は一見に如かず。

打鍵音のサンプルとなる動画があったので参考に貼っておきます。↓

この方は打鍵を強めに叩いているのでこの様な打鍵音になっていますが、僕が普通に打っている限りでは職場使用可能レベルで静音性に優れています。

僕はコルセアのピンク軸(サイレント軸)も持っていますが、個人的にはこの軸を超える静音性になっていると感じています。

 

ですので、青軸や緑軸のようなしっかりとした打鍵音が欲しい方は満足できない商品です。

しかし、そうでない方にとっては本当にオススメ出来るほどの静音キーボードになっているので是非検討してみて下さい。

 

また、この「K70 RGB MK.2 LOW PROFILE」には付属で交換用キーキャップが付属してあります。

K70 RGB MK.2 LOW PROFILE

自分好みのキーボードにカスタマイズする楽しさを是非味わってください。

 

「K70 RGB MK.2 LOW PROFILE」の照明

K70 RGB MK.2 LOW PROFILE 照明

キーが「フローティングデザイン(浮き型)」になっており、照明のバックライトもとても綺麗に発色します。

1680万色対応のRGB対応モデルで、光らせるのが好きなゲーマーは大満足できます。

 

キラキラレインボーでも充分にカッコいいんですが、僕はシンプルな「白色」に心を持っていかれました。

K70 RGB MK.2 LOW PROFILE

主張し過ぎないこのホワイトと、漆黒のブラックフレームの融合に感無量です。

コルセアさんのキーボードは毎度のことながら非常にクオリティの高いキーボードを作ってくれるので、本当に大満足です。

 

「K70 RGB MK.2 LOW PROFILE」の重量感

K70 RGB MK.2 LOW PROFILE 重量感

公称本体重量は1080g。

一般的なゲーミングキーボードと比べて標準的な重量になっています。

FPSゲームのような激しいマウスさばきで、キーボードとマウスがぶつかっても微動だにしない、丁度いい安心できる重量になっています。

 

「K70 RGB MK.2 LOW PROFILE」の印字表記

K70 RGB MK.2 LOW PROFILE 印字表記

これはこの「K70 RGB MK.2 LOW PROFILE」に限ったことではないのですが、コルセアのキーボードは全て「かな印字」が記載されています。

この「K70 RGB MK.2 LOW PROFILE」も同様にかな印字ありです。

 

僕の超個人的な好みになってしまいますが、僕自身は「かな印字は不要派」です。

ですので、これに限ってはいつも残念なのですがコルセアのメーカーさんも頭を悩ませているみたいです。

 

「かな印字が欲しい」という方も当然いらっしゃるだろうし、作る側からしたら仕方のない仕様だと思います。

突然「かな印字辞めます」となったら、その人たちが買わなくなりますからね。

 

結論。

「そんな些細な事に文句を言わず、この素晴らしい製品を愛そう」

僕はこのスタンスですw

 

こんなに最高のデバイスなんだから、コルセア製品に関しては印字表記なんて気にしない!

これがお互いに幸せになる捉え方だと思います。

かな印字が気になる方は、この考え方を是非真似されてください。

 

「K70 RGB MK.2 LOW PROFILE」の背面

K70 RGB MK.2 LOW PROFILE 背面

グリップ材の「ラバー」が4か所。

キーボードの角度調節用のチルトスタンドが搭載されています。(2段階調整可)

画像下の方にある2つの溝は標準で付属してくる「パームレスト」を取り付ける用の穴です。

 

取り付け方も超簡単で、キーボードにそのまま差し込むだけで設置することが可能。

K70 RGB MK.2 LOW PROFILE パームレスト

このパームレストの使用は完全に好みの問題になってきますので、購入された方は色々カスタマイズして調整されてください。

ちなみに僕は、ブログなどの長時間作業の時はこのパームレストを使用し、FPSゲームの時は外して使用しています。

 

これは付けてみて驚いたんですけど、このパームレストがあるだけで腕の疲労が全然違うんですよね。

僕と同じように、長時間作業をされる方はこのパームレストを是非付けて作業されてみて下さい。

疲労感が劇的に軽減されます。

 

「K70 RGB MK.2 LOW PROFILE」のソフトウェア

K70 RGB MK.2 LOW PROFILE ソフトウェア
設定できる項目

・LED照明のパターン設定(25パターン搭載)

・マクロ設定

・Windowsキーなどの特定キーの無効化

コルセアのソフトウェアは「iCUE」というソフトウェアを使用します。

最初は少し苦戦しましたが、慣れてしまえばどうってことありませんでした。

 

僕はキーボード設定に関しては照明しかソフトウェアでカスタマイズしないので、ストレスはありませんが、マクロ設定などを使う人はかなり分かりにくいソフトウェアになっています。

このソフトウェアのインターフェイスはちょっと改善の余地がありそう。

一番分かりやすいロジクールのソフトウェアと比べて、ちょっと初見さんには分かりづらい印象が隠せなかったです。

 

安心の長期2年保証

安心の2年保証

1000円~2000円の格安キーボードとはわけが違う。

天下のコルセア様のサポートですから、何か故障や不具合があっても長期2年の安心サポートも健在です。

安物買って、案の定すぐに壊れて・・・また次のを買うとなると、時間も手間もお金もかかってしまいます。

 

この有名メーカーだからこその独特な「守ってくれている」感覚は、本当に心地の良いモノです。

格安を買って「いつ壊れるのかな?」って考えながら使っていくのは、精神衛生上よろしくありません。

皆さんもこの「K70 RGB MK.2 LOW PROFILE」を買って、コルセアというブランド力に守ってもらいましょう。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回はCORSAIRの高性能ゲーミングキーボード「K70 RGB MK.2 LOW PROFILE」のレビューでした。

正直、ここ数年で一番良い買い物が出来たと自負しています。

 

僕は3万円近くする「リアルフォース」も持っているのですが、このキーボードとはサヨナラすることになりそうです。

この「K70 RGB MK.2 LOW PROFILE」に完全に心を持っていかれました。

気になった方は是非とも手に入れてみて下さい。

では、バイなら!











FPSはスポーツ選手と同じく、「競技プレイヤー」です。

野球選手が「バット」にこだわるように、ゲーマーは「マウスやヘッドセット」などの「デバイス」にもこだわるべき。

自分が使う道具には万全の状態で練習しましょう!↓

3 件のコメント

  • いつもお世話になっております。
    もしお時間ありましたら、最近レビューされたキーボードを含めてキーボードランキングを更新していただきたいです。

    • ike_yuppy様

      いつもありがとうございます!

      僕もそろそろと考えておりましたが、申し訳ないんですがもう少し待って下さい。

      こちら本業の合間をみてブログの方を運営しておるのと、他のブログの案件がとても多く現状手一杯の状況です。

      今のタスクが落ち着いてきたら更新しますのでもうしばらくのお待ちを!

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    熊本県在住。「ブログ・FPS・ゲーミングデバイス集め」が趣味のアラサーです。愛犬「トイプードル」と毎日じゃれて遊んでます。 FPSは「PS4」「PC」どちらもプレイ。 腕前は、FPSゲームなら何でも「キルレ2.0~2.5」のエンジョイゲーマーです。