G703h サムネ 画像
FPSゲーマーはこちらも必見

FPSゲーマーは必ず”ダークファイバー(独自回線)”の光回線を選びましょう。

 

【高速・高安定】でFPSに最適な”2つの光回線”をこの記事で紹介・解説しています。

 

 

どうも皆さんこんにちは!『RYO(@ryo_blog_fps)』です^^

今回レビューしていくのは2019年6月27日に発売された、ロジクール「G703h」(別名:G703 HERO)をレビューしていきます。

 

このゲーミングマウスは、大人気だった旧型「G703」の形状をそのままに、センサーを最新鋭のロジクール「HERO 16K センサー」にグレードアップした最新モデル。

20日程使ってみた感想。

・旧型の「G703」より”12g”軽量化された恩恵は大きい。旧型は重心が手前側にありバランスが悪かったが「G703」ではこれが大きく改善。エイムがよりやりやすくなった。

・旧型と比較して、バッテリー駆動時間が約2倍となる最大「60時間」に向上。充電の頻度とストレスが半分に。体感でもバッテリーの減りが顕著に伸びた。

 

この「G703h」は、人間工学に基づいたエルゴノミクス形状で、数多のゲーミングマウスの中でもトップクラスの握りやすさが人気の最大の理由。

今回のレビュー品はロジクールさんからの提供でも何でもないので、好き勝手に酷評しても良いんですが、しばらく実際に使ってみて『デメリットが何一つ見当たらん。』という事態。

業界でも屈指の高性能となるセンサースペックで、FPSの環境が快適に。

 

Amazon評価は☆4.5(957件)の高評価。Amazonの売れ筋ランキングでは堂々の2位という商品です。

 

人気の理由を詳しくレビューしていきます。


RYO
RYOBLOGではゲーミングデバイスの「レビュー記事」を100記事ほど投稿しています。こちらも忘れずに要チェックです!

「G703h」の主要スペック

まずは「G703h」がどんなマウスなのか、主要スペックをまとめます。

 

センサー:HERO 16K

重さ:95g

DPI:100~16,000 DPI(50単位で調節可能)

ポーリングレート: 125 / 250 / 500 / 1000 Hz

 

旧型の「G703」で好評だった持ちやすい形状はそのままに、最新センサー「HERO 16K」を搭載したことで実現できた「軽量化」は誰もが待ち望んだリニューアルです。

ロジクール独自の最新センサー「HERO 16K」は性能の高さも去ることながら、驚くべきは電池消費量の少なさにあります。

 

前世代のセンサーと比べて電力効率が飛躍的に進化しており、その比較値は驚きの10倍(※)に進化

(※)ロジクール公式HPより

 

つまりバッテリー容量(重量)を抑えつつも、長時間駆動化を実現しつつ、より高性能なセンサーが搭載できた。という具合。

この最新センサーの恩恵で本体重量が『100gを切った』という点が最も重要なポイントです。

 

ロジクールにはこの他に、最上位ワイヤレスマウスの「GPRO ワイヤレス」がありますが、あっちは化け物級の『80g』ですが、お値段も化け物。2020年7月時点で「約16,800円」です。

 

これに対し、この「G703h」は価格を約1万円という価格帯に抑えながら、「GPRO ワイヤレス」と同等のハイスペックセンサーを搭載したコスパに優れたゲーミングマウス”となります。

現状この「G703h」は、このコスパの良さと抜群のグリップ感で、ロジクールのゲーミングマウスの中で、最も売れ筋の人気マウスに駆け上がりました。

では、実際の握り心地を見ていきましょう。

 

スポンサードリンク


「G703h」を実際にグリップしてみる

G703h」を代表的な3種類の持ち方で持ってみます。

あなたのグリップスタイルに適合する画像を参考にして下さい。

管理人の手の大きさ(参考)↓

 

 

画像をタップで拡大表示可能↓

かぶせ持ち(=◎)
つかみ持ち(◎~〇)
つまみ持ち(△)

 

この「G703h」は、I.E3.0クローンに分類される形状のマウスになります。

この形状は主に、かぶせ持ちに最適な形状であり【抜群のフィット感】が人気の形状。

G703h」のサイズ感は大きすぎない標準サイズなので、管理人の手のサイズ感と同じであれば、つかみ持ちでも使い心地は良いです。

 

一方でつまみ持ちの人は注意が必要。

形状的にはつまみ持ちも可能ですが、この「G703h」は旧型よりも軽くなったとはいえ、95gと決して軽い分類にはならず、指先で操作・ホールドするつまみ持ちには不向き。(長時間操作すると疲れます。)

ここ最近は40g~60g台の軽量マウスが多く販売されているので、つまみ持ちの人はそちらの方が相性がいいです。

お気を付けください。

 

「G703h」旧型との性能比較表

G703h G703 性能比較

今現在、旧型の「G703」を使っている人向けに、今回のレビュー品である新型「G703h」の基本性能の違いが分かるように性能比較を行いました。

 

赤字が優秀な項目↓

G703(旧型) G703h(新型)
センサー PMW3366 HERO 16K
最大解像度 100~12,000 DPI 100~16,000 DPI
最大速度 400 IPS 400 IPS
最大加速度 40 G 40 G
クリックの耐久性 5,000 万回 5,000 万回
バッテリー駆動時間 最長 32 時間 最長 60 時間
重量 107 g 95 g
Amazon価格※ 16,950 円 10,800 円

※価格は、2020年7月時点のAmazon価格。

 

ご覧の通り「最大速度」「最大加速度」「クリックの耐久性」は最高レベルを”維持”しつつ、「最大解像度」「バッテリー駆動時間」「マウス重量」大幅に改善されています。

旧型の「G703」の価格は、今現在生産が終了しているため、価格が高騰しています。(今現在は取扱い無し)

参考に、旧型の「G703」の発売初期頃の価格は「9,920円」でした。(2018年4月のAmazon価格)

 

今回の新型「G703h」は、これだけのグレードアップを施して尚、価格が880円アップで抑えたあたりは『さすがロジクール』と言ったところ。

1,000円未満でこの性能UPは純粋に凄いです。

まだ旧型の「G703」を使っている人は、これを機にマウスをグレードアップさせてみてはいかがでしょうか。

 

「G703h」の外観

写真で詳しく外観をチェックしていきます。

箱デザイン

G703h 箱

 

本体

G703h 本体

 

各方面からの画像

正面G703h 正面
後方面G703h 後方面
左側面G703h 左側面
右側面G703h 右側面

 

グリップしやすい人気の形状の理由は、左右の形状にあります。

左側面
右側面

 

左側面に大きなくぼみがあり、ここで親指ががっちりホールドされるため気持ちいいグリップ感が生まれます。

右側面はなだらかなスカート形状で若干勾配が付いており、薬指・小指が上手く収まるため、理想の形状。

多くの人が「G703h」に魅了されるのは、このグリップしやすい形状が人気となっている理由の一つです。

 

付属品

G703h 付属品

ここでポイントなのは、10gのウエイトが付属してくる点でしょう。

実際に持ってみて、マウスが軽すぎた場合この付属のウエイトをはめ込んで重量を調整することが可能。

 

ただ、この「G703h」は95gあるので、これを使う人は少数派だと思います。

この僕個人もこのウエイトは使用しせずに使っています。

ですが、もうちょっと重い方が好きという方はこのウエイトでカスタマイズされてください。

 

ソール(裏面)

G703h ソール

ソールは、滑りの良さよりも止めやすさに優れたソールと感じます。

 

もし滑りを重視する人は、パワーサポートというこのマウスソールに交換するのがおすすめ。

 

僕自身、滑りが足りないマウスはいつもこれに張り替えて使っています。

国内で安定的に手に入る【滑りの良いソール】はなかなかないんですが、このソールは価格も425円(12個入り)と安く入手しやすい製品です。

 

このソールは、FPSプロゲーマーのダステルさんが「使ってみて良かった」というツイートをしていて、この製品を知りました。

それ以降、僕も「このマウスのソール滑りにくいなぁ。」という製品には片っ端から、このパワーサポートのソールに張り替えてます。(楕円形じゃなく丸形もあります)

興味がある人は試してみて下さい。

 

「G703h」の使用感

充電してからのバッテリーの減りが格段に遅いです。

旧型の「G703」とは雲泥の差で、他社のハイエンドワイヤレスマウスと比較しても負けないバッテリー性能。

 

これは使い方によって変わってくるんですが、僕の場合購入時にフル充電して以降、まだ一回も充電してません。(20日間)

LEDオンの状態だったのに、まだあと40%も残ってます。。。半端ない。

公式発表だと↓

・LED未使用時の最大駆動時間=『60時間』

・LED使用時の最大駆動時間=『35時間』

LEDを使わないで一日3時間ゲームで使うと仮定すると、20日間もの間充電が不要。

上記の使用ケースの場合、旧型の「G703」だと10日が限界だったので、約2倍の性能アップに。

 

ただ個人的に「G703」よりも「12g軽量化」された点が一番の魅力。

旧型は、お尻の方に重心が来ている感覚でアンバランスだったのに対し、この「G703h」では軽量化されたことにより、この重心バランスが大幅に改善されています。

FPSでのエイム操作がより一層やりやすく、安定したエイム動作ができるようになっています。

 

『POWERPLAY』を使えば無限のバッテリー

この『POWERPLAY』と言うマウスパッドを今回のレビュー品『G703h』と併用すれば、充電の手間がなくなります。

プレイ中も休憩中も、ワイヤレス充電をし続けてくれる革命的商品です。

 

しかしながら、こやつの最大のデメリットが「高過ぎる」こと。

2020年7月現在、約18,000円もします。

 

充電の手間を天秤にかけて、しっかり検討した上で購入されてください。

ちなみに僕は未導入です。(いくら何でも高すぎる。)

 

「G703h」のソフトウェア

G703h ソフトウェア

設定できる項目
・LED変更
・各ボタンのキーバインド
・ゲームごとのプロファイル設定
・DPI感度変更(100~16,000)【50単位で調整可能】
・レポートレートの設定(125 / 250 / 500 / 1000 Hz)

 

ロジクールのソフトウェアは、数多のゲーミングデバイス界でもNO.1となる使い勝手の良さが魅力。

僕自身、これまで10社程のメーカーの「専用ソフトウェア」を使った経験がありますが、ロジクールが一番操作が簡単で分かりやすいインターフェイスとなっています。

 

一番の優れたポイントは、最初にゲーム毎の「プロファイル設定」をしてしまえば、ゲームを起動しただけで瞬時にゲームを自動検出してくれる点。

そのゲームを開いただけで、そのゲームタイトルごとに対応したプロファイルに自動で切り替えてくれます。

 

他のメーカーの場合

違うゲームをするたびに

「ソフトウェアを開く」→「マウスのプロファイル設定を変更」

という面倒な手順を踏まないといけませんが、ロジクールはゲームを開くだけで勝手にやってくれます。

これがめちゃくちゃ便利。

ゲーム毎にマウスの設定を変えているユーザーも多いので、複数のゲームタイトルをプレイしているゲーマーには大きなメリット。

他のデバイスメーカーも是非このロジクールのソフトウェアをマネして欲しいといえるソフトウェアです。

 

安心の長期2年保証付き

安心の2年保証

ロジクール製品が2年以内に故障した場合、故障品の返送不要で新品が送られてくるという、業界でもっとも手厚いサポートが魅力。

その上、今回で言えば旧型の「G703」を使用していて故障した場合、新型の「G703h」を送ってくれるという訳の分からん強力なサポートです。

 

僕も、過去に「G403WL」のマウスホイールの故障時にお世話になっています。

高いデバイスを買うんですから、この長期保証は重要な要素。

格安のゲーミングマウスでは決して真似できない安心感も提供してくれます。

 

まとめ

G703h まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は””が付くほど快適進化したワイヤレスゲーミングマウス「G703h」をレビューしていきました。

Amazonの売れ筋ランキング2位は伊達じゃありませんでした。

 

【使ってない人損してます】と言う表現が一番しっくりくるゲーミングマウス。

ミドル価格でハイエンドの性能最高の使用感実現してくれる「コスパに優れた一品」です。

 

まだ「ワイヤレスを経験したことが無い方」「旧型を使っている方」は購入の選択肢に入れておきましょう。

では今回はこの辺で!では、バイなら!

関連記事



 

information

Youtubeでもゲーミングデバイスの【動画レビュー】を配信中!

 

映像でより分かりやすいレビューを投稿してます。

 

 

 



\この記事をシェアする/
FPSゲーマーはこちらも必見↓

FPSゲーマーは必ず”ダークファイバー(独自回線)”の光回線を選びましょう。

【高速・高安定】でFPSに最適な”2つの光回線”をこの記事で紹介・解説しています。

RYOBLOG公式Twitterはこちら