【FPS】”ゲーミングPCとPS4の違い”はこの「8つ」!(実体験)
FPSゲーマーはこちらも必見

FPSゲーマーは必ず”ダークファイバー(独自回線)”の光回線を選びましょう。

 

【高速・高安定】でFPSに最適な”2つの光回線”をこの記事で紹介・解説しています。

 

 

僕は6年間「PS4」でFPSをプレイしていましたが、ずっと「ゲーミングPC」に憧れがありついに「PC版FPSプレイヤー」になりました。

購入してみて、一年経った今の心境は

「購入して大正解でした。」

 

今になってはPS4は起動すらしていません。(PC版の方が楽しいですもん)

この実体験をもとにゲーミングPCに興味をもっているあなたに向けて「大きな違い」をまとめていきます。

 


RYO
RYOBLOGではゲーミングデバイスの「レビュー記事」を90記事ほど投稿しています。こちらも忘れずに要チェックです!

スポンサードリンク

PCとPS4の大きな違い

PS4とPCの違いはこれ↓

FPSでは圧倒的にゲーミングPCの方がやりやすい!

画面が2倍以上の「ヌルヌル」に!

デバイスのカスタマイズの幅がダン違い!

キーボードが意外と便利!

プロゲーマーと戦えることも!

キルスピードが速い

人口が少ない

チーターが多い

各種デメリットもありますが、総評すると「断然PCゲームの方が100倍楽しかった」です。

もっと早くにゲーミングPCを買うべきでした・・・。本当にPS4でゲームをしてた時間がもったいなかったと心底思います。

僕自身PS4からPCに乗り換えた実体験をもとに皆さんにも違いを紹介していきますね。参考にされてください。

 

①FPSでは圧倒的にゲーミングPCの方がやりやすい!

圧巻の一言。

リコイルコントロール・クリアリング・カスタマイズ性。どれをとってもケタ違いに快適です。

 

PS4の時、リコイルが強くて使いずらかった武器も、マウスではまるで「無反動武器」。

PC・PS4で使う武器の感覚は「完全な別武器」と思ってください。

YOUTUBEなどで見ていた「憧れのPCプレイヤー達」のような見事なリコイルコントロールが自分でもできるようになります。

(僕の場合、BF4・BF1で特に実感)

 

今までコントローラーで「ヘッドショットするの難しいなぁ」と思っていた方でも、マウスにかかれば「こんなに簡単にヘッドショットできるのか!?」となります。

特にスナイパーライフルを使ってみると本当に驚くと思いますよ!

 

PS4でマウスを使ってプレイしている方へ

PCでのマウス操作は全く違うと断言しておきます。

僕は一時期PS4でもマウスでプレイしたこともありますが完全に別物です。

PC版の方が圧倒的にエイムがヌルヌル動きます。

「PS4のマウス」と「PCのマウス」は全く別物という認識で間違いありません。

PS4で感じられなかった【自分の思ったように滑らか】にエイムが動いてくれます。

 

②画面が2倍以上の「ヌルヌル」に!

ゲーミングPCに変えてみて誰もが最初に感じることがこれです。

PS4では画面の「ヌルヌル度」を表す、fps(フレームレート)が”60”が限界でしたが、PC版では”144~200”近くあります。

 

敵の動きが超ヌルヌルでとにかく見やすくて狙いやすいです。

今までPS4でエイム感度を高速にすると、目が追い付かなくなって敵が見えなかったから仕方なく低感度でやっていた方も、高い感度でプレイすることができます。

(感度を高くしたってマウスは細かいエイムが出来るんです)

 

あと、画面がヌルヌルなので高速に画面を動かしても酔いません。

一度144hzを経験するとPS4でプレイした時「カクカク」で気持ち悪くなるくらい違います。

 

③デバイスのカスタマイズの幅がダン違い!

 

PS4でのカスタマイズと言えば
・「コントローラー」
「ヘッドセット」
「モニター」
・「SSD換装
「別付けのサウンドカード」

などがあったと思います。が!

 

PCでは、そのデバイスの種類が格段に増えます。

マウス、マウスパッド、マウスバンジー、キーボード、ヘッドセット、モニター、サウンドカード、マイク、PC本体のスペック(CPU、グラボ、SSD、HDD、電源、OS)・・・・・・・

挙げたらキリがないです。

 

PS4のコントローラーであれば、「SONYの純正」や「HORI」「SCUF」など、限られたメーカーのコントローラーから選ぶしかなかったんですが、PCデバイスのメーカーはめちゃくちゃ多い上に性能が凄いんです。

有名どころのゲーミングデバイスメーカー↓
Logicool、Razer、Kingston、SteelSeries、Sennheiser、Xtrfy、Sound Blaster、AVerMedia、BenQ・・・・

自分にあった高性能のデバイスを選べることでゲームがもっとやりやすくなり、成績も上がってくるのも魅力です。

デバイスのカスタマイズは思っていた以上に奥が深くて超楽しい。

 

④キーボードが意外と便利!

ゲーミングPCでは、操作は基本的にマウスとキーボードになります。

やる前は、「キーボード操作難しそう。」と思いましたが、問題ありませんでした。

「結局、慣れます。」

 

あなたも今でこそ「PS4のコントローラー」で何も考えず敵を撃ったりしゃがんで隠れたり出来ていますが、最初にFPSをはじめた頃は、

・「しゃがむボタンどれだっけ?」

・「敵を撃つボタンはこれか」

と、ぎこちなかった時代があったでしょう?

 

それと同じです。ゲームをやっていれば慣れます。

どうしてもキーボード操作が難しいって人には、「左手デバイス」と言ってジョイスティックの様なもので操作ができるものもあるんでそんなに心配はいりません。

 

また、今までコントローラーではボタンが少なく出来なかったこともキーボードだと出来ちゃいます。

PCゲームは、基本的にキーボードのキーごとに設定を割り当てることが可能です。(通称:キーバインドと言います)

 

「何が出来るの?」というと

例えば「BFシリーズ」なら、

「ADSしながら・銃を撃ちつつ・スポットを入れ・屈伸撃ちも入れる」

という離れ業も可能です。

 

PS4の純正コントローラーでは、指が足りず物理的に無理だったことが出来るようになります。

(PS4でも、ボタン割り当てを変えたりサードパーティー製のコントローラーなら出来ますがめちゃくちゃ高いし壊れやすい:経験談)

 

⑤プロゲーマーと戦えることも!

今までYouTubeで見たことのある、憧れていた有名プロゲーマーさんと、野良で戦うことだってあります。

ファンにとってはめちゃくちゃ嬉しいことです。

 

僕はBF1で、プロゲーマーの「abitunさん・ダステルボックスさん」と最近戦いました。

(結果は・・・惨敗!笑)

当たり前の結果でしたけど、自分と同じスコアボードに「有名なプロゲーマーがいる!」ってだけでも、凄くワクワクしました。

 

⑥キルスピードが速い

PC版は、PS4の時よりも敵を狙いやすく倒しやすくなります。

でも逆を言うと「自分が倒しやすいという事は、相手も同じです」

キルスピードが体感で「2倍」位違います。

 

PS4では生き残れていた場面でも、PCではあっという間に倒されます。

PC版はプレイヤーのレベルも高くPS4よりもプロゲーマーが多いのが特徴です。

しかし「下手な人は極端に下手」という印象も受けています。(言葉が悪くなってしまいすみません)

 

PS4のプレイヤー実力の平均より、PC版の平均は低い気がする・・・。(個人的な体感論)

対面で撃ち合ったとき「あ!この人そんなに上手くない」って分かる位の人が多い印象です。

おそらく、これには「操作性」と「PCならではの問題」の違いだと思います。

 

PS4は本体とコントローラーがあれば簡単にプレイ出来ますが、PC版でFPSが上手くなるためには複数の要素が出てくるんです。

PC版で関係してくる要素
・PCの性能差
・デバイスの性能差
・キーボードの操作
・マウスの操作

特に大きいのが、「マシン(PC)性能の影響が大きい」ことが挙げられます。

 

どんなに操作が上手い人でも、何世代も前の「グラボやCPU」を積んだPCでは、まずゲームがまともに動きません。

ゲームを始める前から、勝負が始まっているんです。だから必然的に「お金」がかかります。

しっかり環境を揃えてから「FPSの腕前」という話になるので、その分「上達のハードル」が高くなっているんだと思います。

(もちろん環境がそろっていなくても強い人だっていますが)

 

⑦人口が少ない

単純に「PC導入のお金が高い」ため、PS4に比べて人口が少ないです。

上記の例の通り、PC版は環境を揃えるために「10万円~20万円」ほどかかりますが、PS4版なら「4万円弱」で本体が買えてしまいます。

「PC高過ぎ!」と思いますよね?

でも僕の場合、「安くていい買い物をしたな」と感じています。

 

それは「ゲーム以外にも大活躍な家電」と感じているからです。

ゲーミングPCとは言ってしまえば「超高性能なパソコン」です。(普通のパソコンとは「ケタ違い」な性能を誇ります

YOUTUBEなどの動画」や「調べものでネット」を見るのもそうだし、「動画編集」や「Excel・Wordなどの事務作業」などなど。

これら全てを「超サクサクのハイスピードで出来てしまうスーパー家電」なんです。

 

最近はPC離れが進み「スマホの時代」と言われますが、PCが必須という人も多いはず。

普通の家電量販店で売られている「普通のPC」は、訳の分からんソフトやアプリがありがた迷惑なことに「最初から強制装備」されているためとにかく高いです。

購入して「一度も使わないソフトの開発費」のためにお金を払うなんて「真っ平ごめん」です。

 

それに加えて、無理やり安くするために「PC性能をわざと落として販売している」という本末転倒なことをやっている企業もあることも。

(特に日本製メーカーに多い。)

お客さんが知識がないからってあまりにも酷い商売です。「価格が高いのに低性能」なんて客の立場からしたら最悪です。

 

でも、BTOなどのオーダー製ゲーミングPCは違います。(冒頭で紹介した「G-Tune」が代表例)

無駄なものは一切付けないから普通のPCに比べて「値段は低価格&性能も格段に良い」んです。

 

ゲームをしない人にも勧めたいくらいコストパフォーマンスに優れます。

もっと「この事実」を沢山の人が知れば、PCユーザーも海外に負けじと増えていくんでしょうけどね。

 

⑧チーターが多い

これはPC版の悲しい運命です。

最近有名な「PUBG」ですが、一時期はホントに「チーター祭り」でした。

(現在は「運営の対策」と「日本専用サーバー」が出来てだいぶ平和になりましたが)

 

「運営サイドが何も対策してくれないから」ではなく、対策してもどんどんチーターが出てくるという「イタチごっこ」状態がPC版ではお決まりです。

自分の体感で説明すると、チーターとの遭遇は「200~400人に1人いるかいないか」位。(いない時は全く居ない)

最近の良いニュースとして「チート(不正プログラム)の開発者」が次々と逮捕されるようになってきています。

(特に中国人!「チーターの9割が中国人」というデータも公表されています)

 

今後は、この風潮でチーターの数が減っていくでしょう。

(これだけ逮捕者が出始めたら「人生棒に振ってまでゲームの不正改造」をやる人間はほぼいないでしょう)

 

PS4では「グリッチ」には遭遇していましたが、「チーター」なんて全く居なかったので最初は驚きました。

しかし、今では「お!こいつ、お金が高いチート使ってるな」と感心するようになっています。

(人間慣れってのは怖いですよね。笑)

 

スポンサードリンク


まとめ

いかがだったでしょうか?

僕自身デメリットも感じましたが正直「もっと早くゲーミングPCに移っておけば良かった」と後悔しています。

PS4よりも「断然こっちのほうが面白い」し「やれることが本当に沢山ある

 

ゲーミングPCを購入してからは、PS4は「起動すらしていません」(PC版の方が楽しいもん)

皆さんもゲーミングPCに憧れを抱きながら何年も過ごすより思い立った”今”!!

ゲーミングPCを買って快適なFPSライフを送ることを「おすすめ」します!

こっちの世界で皆さんの参入を楽しみに待ってます!

 



 

information

Youtubeでもゲーミングデバイスの【動画レビュー】を配信中!

 

映像でより分かりやすいレビューを投稿してます。

 

 

 



\この記事をシェアする/
FPSゲーマーはこちらも必見↓

FPSゲーマーは必ず”ダークファイバー(独自回線)”の光回線を選びましょう。

【高速・高安定】でFPSに最適な”2つの光回線”をこの記事で紹介・解説しています。

RYOBLOG公式Twitterはこちら