GP3 LARGE レビュー
FPSゲーマーはこちらも必見

FPSゲーマーは必ず”ダークファイバー(独自回線)”の光回線を選びましょう。

 

【高速・高安定】でFPSに最適な”2つの光回線”をこの記事で紹介・解説しています。

 

 

どうも皆さんこんにちは!デバイスレビュアーの「RYO(@ryo_blog_fps)」です^^

今回はXtrfyさんより、2020年8月7日に発売されたゲーミングマウスパッド「GP3 LARGE」をご提供頂けたので、実際の使用感を詳しくレビューしていきます。

 

いつも通りのお約束!
RYOBLOGの読者の方ならもうご存知だと思いますが、僕は企業案件だからと言ってデメリットを隠すような真似は一切致しません。
購入を検討される方を「だます」ような手法は、長期的なブログ運営をしていく中で、全くメリットがないからです。
「いちゲーマー」としての正直なレビューをお楽しみください。

RYO
RYOBLOGではゲーミングデバイスの「レビュー記事」を100記事ほど投稿しています。

スポンサードリンク

「GP3 LARGE」の特徴はこれ

GP3 LARGE 特徴

「GP3 LARGE」の特徴
  • Counter-Strike世界チャンピオン8回の"HeatoN” Christensenが素材をセレクトした一品
  • 滑走感覚は、ハードタイプらしからぬコントロール性能に優れた滑り
  • それでいながら、布製マウスパッドよりも断然滑る。両者のメリットを上手く掛け合わせた質感
  • 「420×350」のサイズで、ローセンシからハイセンシプレイヤーまで網羅するサイズ感

 

一方で気になったウィークポイントはこの2つ。

  • ①他社のハードマウスパッドにもよくある、エッジ(端)が鋭利で手首が擦れ続けると痛い
  • ②裏面に全面滑り止めのラバー材があるものの、ローセンシだと若干ズレやすい

これらについては後ほど詳しく解説し、改善策もお伝えします。

 

ただ僕の結論は、このウィークポイントを考慮してでもこの「GP3 LARGE」の滑走感は、FPSプレイヤーに一度は試して欲しい程に素晴らしい。

クロス(布製)とハードタイプ両方の良いとこどりを実現した唯一無二の滑りで、エイム力を底上げしてくれる「ハードマウスパッドの革命児」とも言えるマウスパッドでした。

詳しくレビューしていきます。

 

スポンサードリンク


開封レビュー

梱包デザイン

表面GP3 LARGE 梱包
裏面GP3 LARGE 梱包

ブラックを基調にイエローでアクセントされた梱包ケース。

ハードマウスパッドなので、一般的なクロス(布製)マウスパッドとは違い、まっ平な梱包で送られてきます。

 

マウスパッド本体

GP3 LARGE 本体

この「GP3 LARGE」は、今は販売が終了している旧モデル「GP3 HEATON LARGE」のデザインリメイク版という製品。

 

旧モデルとの違いは、プリントデザインが変更されている点のみで、素材などはそのまま旧モデルを踏襲した格好です。

旧型モデルの外観「GP3 HEATON LARGE」
新型モデルの外観「GP3 LARGE」

今回の新型モデルで「NIPのロゴ」と「HeatoN」のサインがなくなり、一般的なデザインのマウスパッドへと変更されました。

 

厚みは実測値「約2.5mm」。端を持つと若干たわむかな?位の固さです。

厚み
たわみ具合

 

外観デザインでの特徴は、右上部のXtrfyのロゴデザインのみ。

非常にシンプルな外観デザインとなっています。

 

マウスパッドの表面は、高い耐久性を誇る「ポリカーボネート」を採用してあり、レーザーマウスと光学マウスの両方に対して高速なトラッキングが可能。

GP3 LARGE 表面

 

表面構造は、他社製品のハードマウスパッドよりも凹凸を感じとれ、指先で触れると確かなザラツキを感じる質感です。

GP3 LARGE 表面

僕自身、これまでに数種類のハードマウスパッドを購入していますが、ここまでザラザラな表面構造のハードタイプは経験がありません。

 

これが「GP3 LARGE」の最たる強み。

この表面構造は、滑走における比較的強めな抵抗・摩擦を生み、FPSゲームにおける微細のエイムコントロールを可能にしており、他のハードマウスパッドよりも圧倒的に止めやすい特徴を持ち合わせています。

GP3 LARGE 止めやすさ

これほどまでに制御しやすい(止めやすい)ハードマウスパッドは僕自身初めての経験。

 

マウスパッドと言うものは、使う人との相性が顕著に表れるガジェット。

僕は根っからのクロス(布製)マウスパッド派で、他のハード系マウスパッドは滑り過ぎて制御できないモノばかりで苦手としていました。

 

しかし、今回のXtrfy「GP3 LARGE」に限っては例外。これまでのハードタイプの常識をはるかに超えた止めやすさ。

非常にわずかなエイム動作も得意としています。

クロス(布製)マウスパッドよりも圧倒的に滑りが良いアドバンテージを保ちつつ、ハードマウスパッドに見合わない「コントロール性・制御のしやすさ」をここまで見事に実現しているのは驚きを隠せません。

 

もちろん、ハードマウスパッドの最大のメリットとなる滑りの良さも兼ね備えているという完璧な滑走感。

GP3 LARGE 滑りの良さ

「今布製マウスパッドで滑りに満足できていない人」「今のハードタイプは滑り過ぎる」という人は、この「GP3 LARGE」をぜひ一度試してみて欲しい。

クロス・ハードの両方の良いとこどりを見事に実現しているのがこの「GP3 LARGE」となります。

 

一方で、ここまで目が粗い表面だとマウスソールの劣化は当然早くなってしまうため、定期的な交換が必要となるでしょう。

GP3 LARGE ソールの減り

余談ですが、本来マウスソールは消耗品なので、国内で手に入りやすいおすすめの交換用マウスソールは「パワーサポート(16個入り)」が個人的におすすめ。

僕自身も愛用しており、マウスの標準ソールよりも圧倒的に滑るソールなので、この交換用ソールを予備で持っておけば「GP3 LARGE」でも摩耗を気にせずにガンガン使えます。

 

日々のメンテナンスの簡単さ

 

定期的な汚れ掃除や、例え飲み物をこぼしてしまっても、簡単に処理が可能なのはハードマウスパッドならではのメリットです。

クロス(布製)マウスパッドだと、汚れたら「手洗い or 洗濯機→乾かす」という面倒で時間のかかる工程が必要ですが、ハードタイプならふき取るだけOK。

これは「GP3 LARGE」も漏れずに当てはまり、忘れちゃいけないメリットです。

 

裏面

GP3 LARGE 裏面

 

「ノンスリップラバー」と銘打った全面ラバー材となる裏面で、細やかな六角形上の模様がビッシリと並びます。

GP3 LARGE ノンスリップラバー

しかし、実際に使ってみた所フラットな表面のデスクが相手だと若干のズレが発生してしまいます。

※ズレの発生はお使いのデスク素材によって異なります。

 

僕がマウスを比較的ブンブン振る「ミドルセンシ(中感度)」のプレイヤーであることも一つの要因。

ハイセンシ(高感度)の人はマウスを振り回す必要がないのでさほど気にならないかもしれません。

 

管理人の今のゲーム内感度は【振り向き=18cm】なので、これに近い感度の人は裏面に両面テープで固定した方が快適にプレイできるでしょう。

GP3 LARGE 両面テープ

画像の様に、計4か所にテープを張り付けたら全く微動だにしません。

僕と同じ様に「GP3 LARGE」で、ズレに困った人はお試し下さい。

 

「GP3 LARGE」の2つのウィークポイント

①エッジが鋭利

GP3 LARGE エッジ

これはハードマウスパッドに多い弱点です。他社のハードマウスパッドでもこの現象をよく見かけます。

 

マウスバンジーを併用している人は大丈夫ですが、直で使っている人はマウスケーブルの擦れにも注意が必要。

何度もエッジに擦れるとケーブルが痛むので注意して下さい。

また、その人の腕の使い方にもよりますが、長時間の使用だと手首が擦れて痛くなる場合も考えられます。

 

これを手っ取り早く解決するには、手首の接触面である手前側に薄い層を設けるためにテープを張り付ける方法。

GP3 LARGE ウィークポイント

 

これをするだけで全然変わる。接触面の鋭利さが緩和されるので、手首へのダメージが少なくなります。

僕が今回使用したのは、塗装作業などで使われる「マスキングテープ」。

マスキングテープは、ビニールテープなどとは違って表面がサラサラで薄く、エイム動作に影響を受けにくいです。

 

マスキングテープは剥がすことを前提に作られたテープなので、剥がし跡も残らず安心して使えます。

一巻き180円ほどで買えるので、導入もしやすいでしょう。

 

②マウスパッドが若干ズレやすい

これは前述した通り。100%改善する方法は両面テープを四隅に張り付ける事。

ただ、これをするとマウスパッドの位置の微調整が少し面倒になるので、その点は気を付けましょう。

 

まとめ

GP3 LARGE レビュー

いかがだったでしょうか?

今回はXtrfyのハードマウスパッド「GP3 LARGE」をレビューしていきました。

 

ウィークポイントもありましたが、今回の「GP3 LARGE」はそれを考慮してでもおすすめできるハードマウスパッドの革命児でした。

クロス(布製)マウスパッドよりも滑りがよく、ここまでコントロール(制御)がしやすいハードマウスパッドはこれ以外に僕は知りません。

 

ハードマウスパッドの常識を覆した滑走感。

コントロール性も滑りも両方欲しい」というゲーマーにとって最適となるマウスパッドと言えるでしょう。

気になる方は、ぜひ一度お試しあれ。

 

それでは今回はこのへんで!

ゲーミングデバイスレビュアー「RYO(@ryo_blog_fps)」でした^^

バイなら!



 

information

Youtubeでもゲーミングデバイスの【動画レビュー】を配信中!

 

映像でより分かりやすいレビューを投稿してます。

 

 

 



\この記事をシェアする/
FPSゲーマーはこちらも必見↓

FPSゲーマーは必ず”ダークファイバー(独自回線)”の光回線を選びましょう。

【高速・高安定】でFPSに最適な”2つの光回線”をこの記事で紹介・解説しています。

RYOBLOG公式Twitterはこちら