【厳選】「ランキング3選!」FPSに”超おすすめ”のマウスバンジー「レビューと効果」

マウスバンジー




どうも皆さんこんにちは!『RYO(@ryo_blog_fps)』です^^

今回は僕が厳選し、実際に購入してきたマウスバンジー達をご紹介していきます。

マウスバンジーはFPSをやるなら是非とも使った方がいい必須のデバイスになります。

是非参考にされてください。


RYO
RYOBLOGではゲーミングデバイスの「レビュー記事」も80記事ほど投稿しています。こちらも忘れずに要チェックです!

マウスバンジーとは

マウスバンジーとは

有線マウスのコード(ケーブル)を固定し、吊り下げてくれる便利グッズです。

コードホルダーとも言います。

 

マウス操作で「コードに引っ張られる」ストレスを解消してくれる効果があります。

使い方は簡単。マウスのコード(ケーブル)をマウスバンジーに固定するだけ。

格安でFPSに限らず、普段のPC操作まで快適にしてくれます。

 

また、この「マウスバンジー」を使う事により、マウスケーブルの摩擦による損傷を防いでくれるため、長期間、マウスケーブル・マウスパッドへのダメージを最小限で使うことが出来ます。

 

マウスバンジーを使うメリット

・コードに引っ張られてエイムが乱れるストレスから解消
・他のデバイスに比べ、格安でFPSが快適になる
・コードの摩擦を減らし、コードの損傷を軽減
・PCデスク上がキレイにカッコよくなる

 

こんな人には特におすすめ

・PCゲーム(FPS)や、PC操作でマウスをよく使う人
・FPSプレイヤーの中でも、特に「ローセンシ」の人
・マウスとマウスパッドを、大切に長期間使いたい人

 

マウスバンジーを選ぶ時の注意点

・コードを固定できる太さ(幅)に注意(商品によって若干幅が違います)
・引っ張ってもズレない吸着力
安すぎ注意。(吸着力が弱い。安物買いの銭失いになります)
・デザインも大事。ずっと使えるものだから「自分のセンス」に合わせて選ぶ

 

おすすめのマウスバンジー3選【ランキング】

実際に今使っているマウスバンジーを、おすすめ順にランキング付けして紹介します。

ただ売れている人気順ではなく、実際に買って使ってみて、それぞれ良い所、悪い所を紹介するので購入時の参考にして下さい。

 

第3位「Razer(レイザー) Mouse Bungee

Razer Mouse Bungee マウスコード マネジメント システム 【日本正規代理店保証品】 RZ30-00610100-R3M1

Amazon評価
razer レビュー

 

ここがPOINT
・吸着力は文句なし
・固定部がバネ式なので、引っ張っても楽に操作できる
・人気のRazer製品というブランド力、見た目もシンプルでGOOD
・Razerマウスには断然相性がいい
ここに注意
・固定幅が極端に小さい(2mm)
・ロジクール製品などのコードが太いマウスの人は買っちゃダメ!(コードが入らない)

固定方法は底面吸着タイプ。

とても吸着力が強く、場所を変えるために何度つけ直しても変わらない「ズレない吸着力」で、マウスバンジーの役割を果たしてくれます。

また、人気の「Razer」らしく非常にシンプルながらカッコいい外観(見た目)で「小さいのに見た目のインパクトはデカい」です。

 

アーム部分は、柔らかいスプリング(バネ式)のため、引っ張っても素直に追従してくれる機能性。

価格も安いため「費用対効果はバツグン」です。

 

一つ大きな難点は、上の注意点でも挙げたように「Razer製マウス以外は厳しい」こと。

固定部が極端に狭いため、ロジクール製マウスの様なコードの太いマウスでは使えないことです。

あなたの愛用しているマウスがRazer製マウスであればおすすめできるマウスバンジーになります。

 

クリック(タップ)で拡大できます↓

正面画像Razer マウスバンジー
底面画像Razer マウスバンジー
固定部画像Razer マウスバンジー

 

注意!このモデルは最新モデルが発売されているので、これから購入される方はこちらを購入されてください。↓

 

第2位「BenQ ゲーミングケーブルアセンブラー ZOWIE CAMADE

BenQ ゲーミングケーブルアセンブラー ZOWIE CAMADE

Amazon評価
BenQ 評価

 

 

ここがPOINT
・ラバー吸着固定ではなく、本体の重さで固定するタイプ
・頻繁にマウスバンジーを動かす人向き(ラバー固定じゃないため)
オフライン大会に出場するプロゲーマーに人気なのも納得です。
・コード固定部の高さ調整ができる
・固定部がラバー材なので、太めのコード(ロジクールマウス)でも大丈夫!
ここに注意
・3つの中で一番価格が高い
・ラバー固定に比べ、吸着力の面では劣る
(強く引っ張らなければ問題ない)

固定方法はマウスバンジーでは珍しく、吸着タイプではない「自重固定タイプ」になります。

本体重量が約250gあり、よほど強く引っ張らない限り動きません。(裏面も滑り止めグリップ付き)

十分にマウスバンジーとしての役割を果たしてくれます。

 

アーム部はこちらもスプリング(バネ式)で、太いケーブルにも対応しているため安心して使用できます。

そして、なんといってもこのアーム部分、「高さ調整機能」が備わっています。

あなたのマウスとの距離に合わせて、一番良い高さで調整すれば、どの場所で使おうがベストな効果を発揮してくれます。

 

プレイする場所が転々と変わる「プロゲーマー」から、「絶大な信頼」による「使用率の高さ」はNo.1です。

場所が変わっても、どんな場所でもマウスバンジーとしても役割を「完璧」にこなしてくれます。

 

クリック(タップ)で拡大できます↓

正面画像BenQ 正面
底面画像BenQ 底面
固定部画像BenQ 固定部

 

 

第1位「COUGAR(クーガー) BUNKER マウスバンジー

COUGAR クーガー BUNKER マウスバンジー CGR-XXNB-MB1

Amazon評価
COUGER 評価

 

ここがPOINT
・一番価格が安い
・圧倒的な吸着力(ダントツ1位です)

・真空コック機能で更に強力吸着に
・固定部がラバー材なので、太めのコード(ロジクールマウス)でも大丈夫!
・見た目もカッコいい
ここに注意
・あまりに吸着力があるので、外す時にコツがいるかも。慣れれば簡単です。
・それ以外はデメリットが見つかりません。

固定方法は「底面吸着の吸盤」+「真空式(バキューム式)」です。

マウスバンジーで迷ったら、これ買っとけば間違いありません。

 

真ん中の真空コックを入れれば、いくら強く引っ張っても「微動だにしません」

あなたも最初に使った時ビックリすると思いますよ。

(吸着力がとても強くて「外すのにコツがいる」位の固定力です。)

 

対応できるケーブルも、太いモノから細いモノまで万全。

固定部が金具ではなく「ラバー」なので、どんなマウスケーブルでも対応してくれます。

 

アーム部分も「ラバー吊り下げ式」のため、右へ左へマウスケーブルを引っ張ってもしっかり付いてきてくれる。

見た目もシンプルながらカッコいい点もGOOD!

このマウスバンジーが、市場に出回っている全てのマウスバンジーの中でも「No.1」でした。

 

クリック(タップ)で拡大できます↓

正面画像COUGAR クーガー マウスバンジー
底面画像COUGAR クーガー マウスバンジー
固定部画像COUGAR クーガー マウスバンジー

 

底面の吸着力がなくなってきたら

アルコールティッシュ(ウェットティッシュ)で底面のラバー部分と、取り付けるデスク上を拭いてあげてください。

ラバー材はアルコールで分解され、表面が柔らかくなり吸着力が増します。

外す時大変になるほどしっかり固定できます。お試しあれ。


こちらの記事も人気です↓


散々言ってきましたが・・・

ワイヤレスマウスこれからの時代は、間違いなく「ワイヤレス」の時代です。

一昔前までワイヤレスがFPSで嫌われていたのは、「遅延」でしたが、もう最近のワイヤレスは遅延が全くありません。

 

有線は「低価格、充電の手間がない、重量が軽い」というメリットもありますが、今後更にワイヤレス技術が進化していくと考えると、今後ワイヤード(有線)マウスは間違いなく少なくなっていきます。

もちろん、まだまだ有線ならではのメリットも沢山ありますので、それは好みに応じて選びましょう。



もしワイヤレスに興味があるなら、早めに乗り換えた方がストレスフリーでした(経験談)

 

ワイヤレスマウスはコスパ的にこれ一強↓

 

有線にこだわりがある人はこちらがおすすめ↓

 

まとめ

マウスバンジーをまだ使っていない人は、ヘビーユーザーであればあるほど早めにそろえたいおすすめグッズです。

中にはマウスバンジーを自作で作って使用している人もいるみたいですが、僕には真似できません。

(心配性なんで買った方が安心できる体質でして。)

 

マウスバンジーは、他のデバイスに比べ価格が「低予算で済む」ことと、ケーブルが擦れて起こる「マウスの故障」を防いでくれますので、迷っている人はマウスケーブルの太さに注意して選んでくださいね!

選ぶ時は「人気商品だから買う」じゃなくて、固定幅だけは慎重に調べましょう。

買って入らなかったらお金の無駄ですからね。


他のゲーミングデバイスの記事はこちら↓
「ゲーミングデバイス記事 一覧」

FPS上達テクニック・知識を知りたい方はこちら↓
「FPS上達のコツ 一覧」











FPSはスポーツ選手と同じく、「競技プレイヤー」です。

野球選手が「バット」にこだわるように、ゲーマーは「マウスやヘッドセット」などの「デバイス」にもこだわるべき。

自分が使う道具には万全の状態で練習しましょう!↓

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

熊本県在住。「ブログ・FPS・ゲーミングデバイス集め」が趣味のアラサーです。愛犬「トイプードル」と毎日じゃれて遊んでます。 FPSは「PS4」「PC」どちらもプレイ。 腕前は、FPSゲームなら何でも「キルレ2.0~2.5」のエンジョイゲーマーです。