【G304】徹底レビュー!「FPS史上コスパ最強」のワイヤレスゲーミングマウス

G304




今回レビューしていくのは、2018年8月10日に発売されたばかりの、ロジクール製ゲーミングマウス「G304」です。

実際にG304を購入して、しばらく「FPS・普段使い」でも使用したので、その使用感をまとめていきます。

最初に結論を言ってしまうと、

「ワイヤレスなのにこの低価格・この高性能・興味があったら買って後悔なし。」

な大当たりのワイヤレスゲーミングマウスでした。

 

Amazonレビューの方も、かなりの高評価が並んできています。

軒並み「☆4.0以上の高評価」がズラリと並んでいますので、気になっている人はAmazonレビューだけでも見てみた方が良いと思います。

(僕はホワイトを選びましたが、ブラックもあります。お好きな方を選びましょう。)

詳しくレビューしていきます。

 

「G304」の大きな特徴

G304の大きな特徴

・ワイヤレスなのに5000円台という高コスパ

・FPSでも有線に決して負けないエイム操作(HEROセンサーはとても優秀だった)

・最大バッテリー駆動時間が驚異の「250時間」

・パフォーマンスの「HI」「LOW」モード切替が可能。ゲーマーなら「HI」一択

・ワイヤレスなのに、マウス重量が「99g」と軽量(乾電池含む)

・カラーが「ブラック・ホワイト」の2種類から選べる

・何といっても、安心の2年間保証

 

「G304」を実際握った様子

G304を実際に握った様子

手の大きさ(参考)

手 大きさ

 

「G304」の基本性能(スペック)表

センサーHEROセンサー
プログラム可能ボタン数6
DPI200-12000 DPI
最大加速度40G
ポーリングレート125-250-500-1000Hz
最大トラッキング速度400IPS
メインボタン耐久性1000万回
重量99g(単三乾電池を含む)
RGBイルミネーションなし
Amazon 販売価格(2018/8/10 現在)5670円

 

「G PRO」マウスとの違い

GPRO G304 違い

この「G304」は、僕自身もそうですが、多くのプロゲーマーにも大好評である「GPRO」マウスの形状をそのまま受け継いでいます。

 

気になった大きな違いは

・ワイヤレスなので乾電池分重量が重い。83g → 99g(+16g)

・乾電池をマウス後部に取り付けるため、G304の方は重心が手前側になっている。

 

以上の点以外は「GPRO」を、そのまま「ワイヤレス化」させたという認識で間違いありません。

以上の点がどうしても気になるという方は、「GPRO」を選択した方が良いと思います。


「G PROマウス」の詳しいレビューはこちら↓


しかし、この「G304」で注意すべきなのは、あくまで「GPRO」の後継機ではなく、インスパイア商品であるという事。

 

(追記)

「GPROワイヤレス」という名称で新モデル(後継機)が発売されました。

その最新モデルがこちら↓

Logicool ロジクール PRO LIGHTSPEED ワイヤレス ゲーミング マウス G-PPD-002WL

Logicool ロジクール PRO LIGHTSPEED ワイヤレス ゲーミング マウス G-PPD-002WL

「GPRO」や「G304」よりも超高性能の「ワイヤレスゲーミングマウス」になります。

ざっくり解説

・ワイヤレスなのに本体重量が「驚きのたった80g!」(G304比:-19g)

・50人以上のプロゲーマーの協力を経て、2年をかけて開発された「至高のマウス」

・「ロジクール史上最高精度」のゲーミングセンサーを搭載

・形状は左右対称で、取り外し可能なサイドボタンを採用。必ずあなた仕様のマウスに変化!

ざっくり説明しただけでもゲーマー必見のゲーミングマウスになっています。

これから購入される方は、「GPROワイヤレス」を購入された方が良いです。

 

「G304」の「センサー性能と使用感」

話がそれてしまいましたが、G304も「操作感」と「コスパ」は決して負けてません。

先ほど紹介した「GPROワイヤレス」は、性能も最高レベルですが、価格も最高レベルに高いんです。

(G304が3つ購入出来てしまうお値段。。。ひぃ~~~。)

ですので、「そんなに高いものは購入できない」という方は、コスパ重視の「G304」を選びましょう。

 

性能をいくら語るよりも、実際にFPSをプレイしてみるのが一番!

この「G304」で、実際にFPS(BF1)をプレイしてみました。

 

結果報告の僕のツイートがこちら↓

いやー、僕自身が一番驚きました。w

僕は、もともと「G PRO」愛用者だったので、この慣れた形状による操作感は抜群に良く、新センサーの「HERO」もとても素晴らしいものでした。

 

「やはり、ワイヤレスはめちゃくちゃ使いやすい。」

 

「G PRO」は有線だったので「マウスバンジー」を使っていましたが、大きなエイム移動時、「突っかかり」がどうしても気になっていましたが、「G304」は完璧。

「FPSで後ろから撃たれた時のとっさの振り向き」や、「複数人の敵と交戦する時の高速エイム」など、全くのストレスフリーの環境になりました。

 

新センサーである「HERO」に変化することによって、もしかしたら「操作性が悪くなる」という心配もしていましたが、余計な心配だったようです。

非常に素直に、且つ完璧にエイムを再現してくれるセンサーで、すぐさま信頼できるセンサーの一つになりました。

 

クリック関連

G304 クリック関連

クリック連打(連射)は及第点

テンション(跳ね返り)が結構強い部類で、連射にはめっぽう強いです。

FPSゲーマー向けに開発されたことだけはあります。

遠距離戦でのタップ撃ちが、GPRO同様にとてもやりやすいです。

 

また、画像を見てもらうと分かりますが、クリックボタン部が少し凹んでいます。

これが指を置いたときこの凹み(ガイド)にフィットして、指を置いたときの感触が自然でGOOD。

 

強いて言うなら、「静音性・クリック性能に優れた」最新のオムロンスイッチを使って欲しかったというのが、正直な意見です。

せっかくの新商品だったので、少し期待し過ぎたかな?

まあ、この低価格ですからしょうがないのも分かるんですがね。

 

クリック音

クリック音は「カチッ」という割としっかり目の音です。

体感ではG703の音の2倍くらいありそうですが、「プレイに支障が出る・フレンドとの通話でうるさい」という程ではないため問題ありません。

「G304」を長時間使用して、実際にフレンドさんと通話しながらやりましたが、苦情は一切受けませんでした。

 

ただ個人的には、多少高くなっても良いから、G703で使われている「最新のオムロン製スイッチ」を搭載して欲しかったです。

人間良いモノを体験すると、欲が出て物足りなくなってしまいます。

 

もちろん、G304のクリック性能が悪い訳ではありません。

あくまで、G703で使われているスイッチが優秀過ぎるんです。

 

G703に興味がある方はこちら↓

 

各ボタンの設計位置

各ボタンの配置場所は「GPROと同じ」なので、完璧と言っていいでしょう。

ホイールボタン、DPIボタン、サイドボタン、全てアクセスしやすい設計位置で満足できます。

 

海外製のマウスによくあるのが、外人さん基準で「手の大きい人向け」に作られていること。

各ボタンを押すのに握り直さないといけないマウスもあるんですが、この「G304」は、FPSでは致命的で「無駄なアクション(握り直し動作)」が発生する心配はありません。

僕の手の大きさは日本人の平均的な大きさですので、大半の人はボタン位置でストレスを感じることは無いと思います。

 

DPI変更ボタン

DPI変更ボタンの位置と、感触も問題ないです。

FPSで十分戦いやすいレベル。

 

ただ僕はFPSでDPI変更をしない人なので、ボタン割り当て機能(後述)で回復や射撃モード切替に使っています。

ですので、DPI変更ユーザーレベルのメリット・デメリットは分からないです。

 

サイドボタン周辺

G304 サイドボタン周辺

サイドボタン位置と固さ

サイドボタンの位置はアクセスしやすい位置です。

そして、GPROからの嬉しい改良点が「ボタンが柔らかくなった」こと。

 

GPROのサイドボタンは、個人的に少し固すぎました。

今回のGPROのG304は、本当に「ちょうどいい」テンションに改良されているため、ストレスもなく「FPSプレイ中」でも完璧な操作が可能になっています。

 

グリップ部(側面)の材質

GPROと全く同じ材質の「ザラザラとしたプラスチック製」になっています。

一見滑りそうですが、工夫された形状のおかげで全く心配ありません。

この画像↓

G304 グリップ部(側面)の材質

上に行くにつれて反り返っているのが分かりますが、この形状のおかげでマウスの持ち上げ動作はとてもしやすいです。

使った人にしか分かりませんが、マウスパッドと指(親指・薬指・小指)の接地面が大きくなり、わずかなエイム調整も可能になる点は高評価。

FPSで遠距離戦を戦うときにその恩恵がかなりデカいです。

 

ソールの形状・位置

G304 ソールの形状・位置

計6か所。GPROと比べて、画像下中央の丸形ソールが追加されています。

僕も最近になって、ソールの重要性を分かってきましたが、僕はソールは大きすぎるのは好みじゃありません。

 

難しい理論はメーカーさんが説明していますが、ソールが大きいと「止めにくい」から。

つまりこの「G304」のように小さなソールは、「マウスを止めやすい」ために、わずかなエイム調整がとてもやりやすいです。

 

あと、画像が出たんで追記すると、下側に「ON / OFF スイッチ」があるのが分かります。

使わない時はOFFにできるので、電池の消耗を最小限にできるのもGOODポイントでした。

 

G304のソフトウェア

G304 ソフトウェア

出来ること

・ボタンのカスタマイズ

・DPI変更(5つ設定可能)

・PCとの更新数(=レポートレート)の変更

・電源モード「高・低」の切替(低にするとレポートレートが「125Hzに固定」される代わりに電源の持ちが良くなる)

 

出来ないこと

・ゲームごとの「プロファイル設定」が無い

・マウスパッドの「表面認識機能」が無い

(↑これに関しては心配しなくて大丈夫です。数種類マウスパッドを試しましたが、センサー性能は文句なしでした。)

 

まとめ

このG304は、「価格と重量を抑えながら・手軽にワイヤレスを体験して欲しい」という、ロジクールの意思が詰まったゲーミングマウスでした。

必要性能・機能だけに絞りながらも、FPSでこれだけの「高いパフォーマンスを体験できる」点においては、とても素晴らしいマウスです。

 

何しろ、形状が万人受けする完璧なマウスに、この価格で「ワイヤレス」を組み込んだ。という意味では「最強のワイヤレスゲーミングマウス」と言い切って良いと思います。

他のメーカーでは、絶対真似できません。

 

「価格を安く + FPSで戦える + ワイヤレス」を求める人には、完璧なマウスでした。

気になる人はAmazonレビューだけでもチェックしてみてください。

☆4.0以上の高評価が続出していますし、あなたも購入したら高評価を付ける事になると思います。

 

ホワイトはこちら↓

ブラックはこちら↓











FPSはスポーツ選手と同じく、「競技プレイヤー」です。

野球選手が「バット」にこだわるように、ゲーマーは「マウスやヘッドセット」などの「デバイス」にもこだわるべき。

自分が使う道具には万全の状態で練習しましょう!↓

4 件のコメント

  • 前々から思っていましたが、
    手元を移すなら爪は短くしたほうが絶対にいいです。
    これはあたり前のことですから、是非実践して頂きたい。
    レビュー自体はいいもの書いているのですから、要らぬマイナスは避けましょう

    • 不快な思いをさせてしまい申し訳ありませんでした。

      不快に思われる人もいるという事に気付かされたので、今後は気を付けるようにします。

    • 返信遅れてしまい申し訳ありません。

      G304とGPROは、完全に「有線・無線の好み」で決めていいと思います。

      どちらも持っていますが外観・使い心地どちらもいいです。

      僕は無線が好きなんでG304の方が好きですね。

      GPROワイヤレスはもう発売されていますので、無線のハイスペックを求めるのであれば、値段は高くても「GPROワイヤレス」を視野にいれた方が良いと思います。

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    熊本県在住。「ブログ・FPS・ゲーミングデバイス集め」が趣味のアラサーです。愛犬「トイプードル」と毎日じゃれて遊んでます。 FPSは「PS4」「PC」どちらもプレイ。 腕前は、FPSゲームなら何でも「キルレ2.0~2.5」のエンジョイゲーマーです。