B4マウスバンジー レビュー
FPSゲーマーはこちらも必見

FPSゲーマーは必ず”ダークファイバー(独自回線)”の光回線を選びましょう。

 

【高速・高安定】でFPSに最適な”2つの光回線”をこの記事で紹介・解説しています。

 

 

どうも皆さんこんにちは!デバイスブロガーの「RYO(@ryo_blog_fps)」です^^

今回はXtrfy様より、2020年6月26日に発売された新型のマウスバンジー「B4 マウスバンジー (レトロ)」をご提供頂けたので、実際の使用感を詳しくレビューしていきます。

 

いつも通りのお約束!
RYOBLOGの読者の方ならもうご存知だと思いますが、僕は企業案件だからと言ってデメリットを隠すような真似は一切致しません。
購入を検討される方を「だます」ような手法は、長期的なブログ運営をしていく中で、全くメリットがないからです。
「いちゲーマー」としての正直なレビューをお楽しみください。

RYO
RYOBLOGではゲーミングデバイスの「レビュー記事」を100記事ほど投稿しています。こちらも忘れずに要チェックです!

スポンサードリンク

「B4マウスバンジー」の特徴はここ↓

B4 マウスバンジーの画像

「B4マウスバンジー」の特徴
  • 構造は至ってシンプルながら、自重固定式(本体:266g)を採用。裏面は「全面滑り止めラバーグリップ」でズレにくく、実際に使い倒したがバンジーとしての機能面に一切不自由なし
  • アーム部は柔らかいシリコンアームになっており、マウスケーブルの追従を自在に追えるため、マウス動作の限界域は広め
  • 5つのカラーバリエーションを完備しており、好みのデザインを選択可能。Xtrfyの【マウス・キーボード】とカラーを揃えるとデスク上がより統一感がでる楽しさも◎。
  • 価格は約2,500円。有線ケーブルのストレスを回避しながら、デスクメイクも同時に楽しめる。コスパも申し分なし。(他社人気モデルとの比較表ものちほど公開
  • 肝心のウィークポイントだが。かなり使い込んだけど、僕個人は、正直一つも見当たらない。唯一このデザインが好みではない人もいるだろうから、このデザインに抵抗がなければ、購入しても満足のいく製品と言える。

 

スポンサードリンク


豊富なカラー展開。価格の安さも比較してみる

本製品は、5色のカラーバリエーションを展開しており、価格も約2,500円程(Amazon価格)。

5つのカラーバリエーションの画像

カラーバリエーションは以下の"5つ"
①ブラック
②ホワイト
③ピンク
④マイアミブルー
⑤レトロ(←今回のレビュー品

有線マウスを使用している人にとっては、ケーブルストレスからの解放を低価格で実現できる他、豊富なカラーバリエーションでデスクメイクも楽しむことが出来るデバイス。

B4 マウスバンジーのAmazonページの画像

マウスバンジーとして、この「B4マウスバンジー」の約2,500円という価格は、「他社製品と比べてどうなの?」と、気になる人もいるでしょう。

マウスバンジーで人気の高い、主要有名メーカー品の比較表を作成しました。

(↓画像タップで拡大表示可能)

 

主要マウスバンジーの価格比較の画像

価格だけで言えば2番目に安く、カラーバリエーションが用意されているのは、今回の「B4マウスバンジー」だけ。

 

ちなみに、上記で挙げたマウスバンジーは僕自身全て購入し、実際にゲームで使った経験があります。

6つのマウスバンジーの画像

一番価格が安いCOUGARの「BUNKER」は、吸盤固定式となっており、固定力は申し分ないですが、少しバンジーの位置を動かしたい時などに、いちいち真空吸盤のロックを外さないといけないので、そこが地味に面倒でした。

注意

これは、COUGARの「BUNKER」が悪いというより、「吸盤固定式」という固定方式ならではのウィークポイントになります。

 

一方で今回の「B4マウスバンジー」は、自分の重さで固定する”自重固定式”という特性上、位置の微調整やちょっとした掃除の時など簡単にずらせるので、ここは自重式ならではのメリットと言えます。

B4 マウスバンジーの移動時のGIF

 

もちろん、このB4」は、価格が安いからと言って機能面でも妥協点はなし。

B4 マウスバンジーを使った時のGIF

適度な重量感でしっかり固定し、柔らかいシリコンアームのおかげでマウス操作領域のギリギリまで付いてきてくれます。

使用感には一切問題なく、ケーブルストレスを皆無にしてくれる文句なしの使用感でした。

 

一言MEMO
上記の比較表で、価格が一番高いXtrfyの「B1」は、この中で唯一【LED発光対応】で【USBハブ×4つ付き】なので、単純に価格のみで判断するのはNG。(ただのマウスバンジーじゃない)
今はAmazonの商品在庫が品切れで購入不可ですが、使い勝手はかなり良かったので、気になる人は「欲しいモノリスト」に登録しておいて、在庫補充を待つのもあり。

 

B1マウスバンジーと比較

このXtrfy「B1マウスバンジー」を使ってる人向けに比較もしておきます。

B1 B4の比較画像
B1 B4の比較画像
B1 B4の比較画像

大きさは今回のB4の方が圧倒的に省スペース。(約30%程小型化)

実測寸法上の違い
縦×横×ベースの厚み(mm)
・「B1」=106×106×23.5 mm
B4=78×78×18.6 mm

 

本体重量もかなりの差(-190g)があります。

「B1」=456gB1の重量を計った画像
B4」=266gB4の重量を計った画像

重さに関しては、今回のB4」でかなり軽量化されていますが、マウスバンジーとしての固定力は、自分のマウス感度に合わせたケーブルの固定長を誤らない限りは問題なし。

「USBポート・LED発光」よりも、省スペースを求める人はB4を選択肢に入れるのも一つの手かもしれません。

 

「B4マウスバンジー」の外観をチェック

それでは外観を詳しく見ていきましょう。

 

箱デザイン

B4 マウスバンジーの箱の画像
B4 マウスバンジーの箱の画像

手の平に収まるほどのコンパクトな大きさで、届いた時はそのコンパクトさに驚きました。

 

内容物

本体ベースB4 マウスバンジーのベースの画像
シリコンアームB4 マウスバンジーのアームの画像

この2つを組み立ててマウスバンジーが完成します。

 

組み立てると言っても、ベースの穴にこのシリコンアームを差し込むだけ。

B4 マウスバンジーの組み立てのGIF

 

本体ベースはデザイン性と機能性にこだわっている印象。

表面ひし形模様B4 マウスバンジーのベースの表面の画像
Xtrfyロゴ(右側面)B4 マウスバンジーのロゴデザインの画像
裏面:全面滑り止めラバーB4 マウスバンジーの裏面の画像

 

余談ですが、このベース表面のひし形模様は、Xtrfyのキーボード「K4 TKL RGB」の裏面と同じデザイン。

K4 TKL RGBの裏面の画像

 

重さはベースのみだと「256g」で、シリコンアームは「10g」。

ベース部B4 マウスバンジーのベースの重量
アーム部B4 マウスバンジーのアームの重量

実際の使用感として、マウスバンジーとして必要な重量を満たしており、ケーブルの固定長さを誤らなければ、FPSゲームでも全くズレずに使用可能。

 

マウスケーブルを挟むシリコンアームの先端は、フレキシブルでどんなケーブル太さでも簡単にはめ込むことが可能。

B4 マウスバンジーのケーブル固定部の画像

 

疑似パラコード採用のXtrfyM4 RGBのケーブルを固定。

実際に固定した時の画像

このM4 RGBのケーブルは非常に柔らかいが、たるみがある分、普通のバンジーでは少し固定しにくいケーブルですが簡単にセッティング可能。

 

ベース背面には、ケーブル固定の溝があるので、一度適切な長さを決めて固定してしまえば、使ってるうちに長さが変わるというストレスもありません。

B4 マウスバンジーの背面固定部の画像

 

このシリコンアーム部は、垂直のストレート部にだけ「芯に金属パイプ」が通っており、ダラ~ンんと折れない構造になっています。

B4 マウスバンジーのシリコンアーム部の画像

 

アーム先端部は、シリコンならではの柔らかい構造で、ケーブルの可動域を最大限活かせる構造です。アームの可動域のGIF

 

 

その他の付属品はこの3つ。

図解取説B4 マウスバンジーの説明書の画像
ステッカーシール付属品のステッカーシールの画像
Xtrfy製品カタログ付属品のカタログの画像

 

マウスバンジーなのに、保証期間が1年間付いているのもびっくりポイント。

B4 マウスバンジーの保証書の画像

マウスバンジーとしては最上級の待遇と言えるでしょう。

※今回の製品はレビューサンプル品のため、「サンプル品」の記載がありますが、通常はありません。

 

他のXtrfy製品との「カラー統一」は楽しい&おしゃれ

この「B4マウスバンジー」は、Xtrfyより発売されている69gの軽量人気ゲーミングマウス「M4 RGB」と、テンキーレスゲーミングキーボード「K4 TKL RGB」と配色カラーを統一できるのも大きなメリット。

M4 RGBM4 RGBの画像

Xtrfyは計画的に、これらのカラーバリエーション製品を続々と開発・発売しており、ゲーミングデバイスメーカーの中でも異色の方針を一貫しています。

 

今回の「B4 マウスバンジー (レトロ)」と合わせるために、僕のPCデスクも「M4 RGB」と「K4 TKL RGB」のレトロ色で統一してみました。

Xtrfy製品の画像

Xtrfy製品の画像
Xtrfy製品の画像

PCデスクをXtrfyでただ統一するだけでなく、配色までも統一できる珍しい商品展開は【理想のデスクメイク】が簡単。

もちろん、他社マウスとの使用でも、今回のB4 マウスバンジー」は問題なく使えるので、この「B4 マウスバンジー」のみ購入するのも全然ありだと思う。

 

プチ情報↓

Xtrfyは、今後国内発売予定のマウスパッド「GP4」でも、上記に対応した5つのカラーバリエーション展開を計画中。↓

Xtrfy GP4の画像

抽象芸術のアーティストがデザインしたという、全5モデルが近々発売されるので、マウスパッドも揃えたら最高ですね。

ここまで一貫した方針なので、唯一カラバリモデルがないゲーミングヘッドセットも、もしかしたら今後発売されるかもしれませんね。(これは個人的な憶測だけど楽しみ)

 

Xtrfy製品の統一に興味がある人は、こちらのレビュー記事も参考にどうぞ↓

 

まとめ

B4マウスバンジー レビュー

 

いかがだったでしょうか?

今回は、6月26日に新発売されたXtrfyのB4 マウスバンジーをレビューしていきました。

 

価格設定も良心的ながら、豊富な5つのカラーバリエーション展開で、PCデスクのアクセントにピッタリな製品。

価格が安いからと言ってバンジーとしての機能性も申し分なく、デザインさえ気に入れば買って損はない一品となっていました。

RYOBLOGの公式Twitterでも「これ買いたい!」と、反響が多かった商品なので、気になる人は要チェック。

 

それでは今回のレビューはこのへんで!

以上、デバイスブロガーの「RYO(@ryo_blog_fps)」でした^^

バイなら!

 

Xtrfyの公式サイト

「B4マウスバンジー」の公式製品ページはこちら

Xtrfyの公式サイトはこちら

 

関連記事



 

information

Youtubeでもゲーミングデバイスの【動画レビュー】を配信中!

 

映像でより分かりやすいレビューを投稿してます。

 

 

 



\この記事をシェアする/
FPSゲーマーはこちらも必見↓

FPSゲーマーは必ず”ダークファイバー(独自回線)”の光回線を選びましょう。

【高速・高安定】でFPSに最適な”2つの光回線”をこの記事で紹介・解説しています。

RYOBLOG公式Twitterはこちら