これが最強!FPSおすすめの「ゲーミングキーボード10選!」【動画付き】




ゲーミングキーボードが欲しいけど、種類が沢山あり過ぎて「何を買えばいいのか分からない」

そんなあなたに、2018年度最新のFPSおすすめのゲーミングキーボードをご紹介します。(全て打鍵音、確認用動画付き)

 

ゲーミングキーボードは意外と値段が高いです。

これまで10を超えるゲーミングキーボードを購入してきた「デバイスコレクター」の僕が、皆さんが後悔しない様にしっかり選ぶお手伝いをさせて頂きます。


FPSでは、「ゲーミングキーボード」の前に「ゲーミングマウス」が必須です。

まだの人はこちらをチェック↓

その他のゲーミングデバイスの記事はこちらから↓

ゲーミングデバイス 記事一覧


目 次

ゲーミングキーボードって、普通のキーボードと何が違うの?

Razer ゲーミングキーボード BlackwidowChromaV2

まず「ゲーミングキーボード」というのは、文字通りゲームに特化したデバイスになります。

一番の大きな違いは「複数キー同時押しに対応」していることです。

FPSゲームでは、プレイ中一度に多くのキー操作が求められます。

 

1000円位の格安キーボードは、この「キー同時入力」に対応していません。

「敵と交戦中逃げたかったのにキーが上手く反応してくれなかった」

というような「デバイス負け」が極端に減り、プレイが安定するため、「優先順位は低い」ながら、上達するのには必須のデバイスになります。

 

この他の大きな違い↓

・「メカニカルキー」が主流。キー入力の反応性が桁違いに早い

(FPSは0.1秒の勝負の世界。操作スピードは勝敗に直結してきます。)

・「軸」という概念があり、普通のキーに比べて圧倒的に疲れにくい

(後ほど詳しく)

高耐久性。キーストローク「5000万回」は、もはや業界標準。

(年単位で安心して使えるため、安いモノを買って壊れて買い直すよりもお得。)

・「ゲーム特化」の機能

(ゲームモードスイッチ、マクロキー、複数キー同時押しに対応)

・LED(RGB)照明対応モデルが多く、外観がカッコいい

(光るのが嫌いな人はOFFにもできます)

 

ゲーミングキーボードの選び方のポイントはこれ!

軸選びが一番大事!

ゲーミングキーボード 軸

画像出典:「Hyper X 公式HP」より

ゲーミングキーボードには、メカニカルキーならではの「軸」という種類があります。

この違いは色で判別されており、各色によって「打鍵感・打鍵音」が変わってきます。

これは何軸が有利という区別ではなく、完全にあなたとの相性になります。

 

自分に合った軸を見つけることで、「操作の疲れ軽減」や「操作性アップ」になりますので、自分に合った軸を選びましょう。

簡単に「代表的な軸の特徴」を表にまとめましたので参考にして下さい。↓

 

メカニカルキー 軸別早見表

 打鍵感(キータッチ)打鍵音(静音性)
赤軸一番人気の軸。
キーがとても軽く疲れにくい。
キーの音は一番静か。
(VCに最適)
茶軸上の赤軸にスイッチ感を付けた軸。
ハマる人は茶軸以外使えなくなるほど良い打鍵感。
赤軸には劣るが、静音性は優れている。
(VCでも全然問題ない)
青軸キー入力に「カチッ」というスイッチ音を追加した軸。
スイッチ音と確かなクリック感で「誤操作」が少ないモデル。
キーのクリック音はかなり大きい。
(VCでは、フレンドさんがうるさいと感じるかも)
緑軸Razer社が上の「青軸」を基準に独自開発した軸。
青軸に似ているが少し軽い。
キーのクリック音はかなり大きい。
(VCでは、フレンドさんがうるさいと感じるかも)
ROMAR-Gロジクール社の独自開発モデル。
「タクタイル(茶軸似)」
「ライナー(赤軸似)」
「クリッキー(青軸似)」の3種類を展開している。
それぞれのタイプで「赤軸・茶軸・青軸」と同じような打鍵音と言っていい。

この表を見ても「何軸が良いか分からない」という人もいると思います。

私も初めは・・・でしたから。

自分に合った軸が分からない人は「赤軸・茶軸」をメインにキーボードを選びましょう。

 

青軸や緑軸は、打ち心地は爽快ですが「クセが強い」部類の軸になりますので、初心者のうちは避けた方が無難です。

「VCでフレンドさんと通話しながらプレイする人」や「動画配信メイン」の人は、青軸・緑軸は避けましょう。

キーの音がうるさいので、人によっては迷惑をかけてしまいます。

 

価格で選ぶ

ゲーミングキーボード コルセア 価格

重要な要素ですよね。

ゲーミングキーボードのだいたいの目安はこんな感じです↓

安いモノで5000円~。

1万円前後がミドルスペック。

~2万円前後がハイスペック。

という位の相場です。

 

注意
格安のゲーミングキーボードは購入を避けた方が無難です。

安いというのは、最初は魅力ですが絶対にすぐ故障します。

外観はそれなりに見えても、「中身の作りは貧弱」に加えて「故障サポートに期待できません」。

(じゃないとその値段で作れませんから当然です。)

 

ゲーミングキーボードは長期間(年単位)で付き合っていくデバイスになります。

あとで紹介しますが「リアルフォース」という「静電容量無接点方式」のキーボードなら10年レベルで使っていけます。

「安物買いの銭失い」にならないように、格安ゲーミングキーボードは購入を控えましょう。

 

配列に気を付けて!

ゲーミングキーボードには「JIS(日本語配列)モデル」と「US(英語配列)モデル」があります。

JIS配列ゲーミングキーボード 日本語配列
US配列ゲーミングキーボード 英語配列

画像出典:「TUKUMO-日本語配列と英語配列」より

 画像の様に「キーの有無」「キーの大きさ」「キーの表記」が全く違います。

大抵の人は、日本語配列に慣れているでしょうから「JIS配列」を選ぶことをおすすめします。

 

特にゲームの中で「無変換キー」を使用する人は注意!

US配列には「無変換キー」がありません。

必ず「JIS配列」を選びましょう。

 

 

テンキーレスかフルキーボードか

ゲーミングキーボード テンキーレス

ゲームのみで使うなら、特別な理由がない限り「テンキーレスの方がおすすめ」です。

テンキー部がない分、マウス操作のスペースが確保できるので、ストレスなくゲームに集中できます。

 

一方、ゲーム以外でも使用し普段使い中「テンキー」を使う人はフルキーボードを選びましょう。

ちなみに僕は、「FPSゲーム」もやるし「ブログ」もやるので「テンキーレスとフルキーボード」2台を使い分けています。

あなたがどちらを重要視するかを決めて選びましょう。

 

他のデバイスと同じメーカーで揃えるべき?

ゲーミングキーボード メーカー 揃える ロジクール

「ロジクールならロジクール」「RazerならRazer」の様に、同じメーカーで揃えれば、机上がスッキリしますし専用ソフトウェアが統一できるのはメリットです。

ですが、そこまでこだわる必要はありません。

 

例え他のメーカーでも、自分が気に入ったものを選ぶ方が大事に使うので、結果的に長期間使えますしモチベーションも上がります。

無理に合わせようとして「低性能を選ぶ」よりは「自分が欲しい」と思ったものを購入しましょう。

 

おすすめのテンキーレス部門「厳選5選」

何だかんだ前置きが長くなりましたが、最新のおすすめゲーミングキーボードを紹介していきます。

まずはFPSゲームに一番おすすめの「テンキーレスゲーミングキーボード」の中から、厳選した「5選」をご紹介します。

「ローセンシ(低感度)の人」「ゲームメインで使いたい人」は、テンキーレスを選びましょう。

見る時のポイント

・これ買ったら使いやすいのかな?

・どんな打鍵感なんだろう?

・これカッコいいな!

と「ワクワクしながら」ご覧ください。

デバイスは、選んでいる「今」が一番楽しい時間です。

あなたに合ったゲーミングキーボードがきっとありますよ!

 

①おすすめNO.1!「ロジクール PRO G-PKB-001

ゲーミングキーボード ロジクール PRO G-PKB-001 メカニカル 着脱式ケーブル テンキーレス eスポーツ FPS対応

e-スポーツのプロゲーマー向けに開発された究極のゲーミングキーボード。

軸は「ROMAR-G(タクタイル)」=茶軸風です。

 

最高の打鍵感、静音性、反応速度、外観(フォルム)のカッコよさ、着脱OKのケーブル、1680万色RGB対応のLED。

キーの耐久性保証も「7000万回」。

これら全てが「群を抜いてNO.1」のゲーミングキーボードです。(価格も安い!

 

正直、テンキーレスキーボードをお探しなら「これ買っとけば間違いありません」

僕も愛用していますが、FPSでの反応速度は天下一品。

 

キーの打鍵感が非常に軽く、跳ね返り(反応速度)も良いので、長時間のプレイでも「このゲーミングキーボードの時だけ」疲れません。

価格も安く、業界大手のロジクールなら「安心の2年保証」があるのが非常に大きいです。

 

打鍵音が気になる方はこちらの動画が参考になります。(打鍵音は2:16秒~)

何を購入すれば間違いないの?という人は、これ買っとけば間違いありません。

 

詳しいレビューはこちらから↓

 

②大人気のレイザー!「Razer BlackWidow TE Chroma V2

Razer BlackWidow Tournament Edition Chroma V2 YELLOW SWITCH 英語配列 【日本正規代理店保証品】 RZ03-02190800-R3M1

ゲーマーなら誰もが憧れるカッコよさのRazer製FPS向けゲーミングキーボード。

2018年4月に発売されたばかりの最新モデルです。

 

このモデルにはRazer専用の「リストレスト」が付属してくるので、「机上もおしゃれに」しつつ、「長時間のプレイでも疲れを軽減」してくれます。

キーの耐久性保証は、なんと「8000万回」。

軸は「緑軸オレンジ軸黄軸」の3種類から選べるので、あなたにあった打鍵感を選べるのもおすすめポイント。

razer 軸

・「打ち心地がクセになる」青軸似の「緑軸

・静音性に優れ、打ち疲れない赤軸似の「オレンジ軸

・入力反応距離わずか1.2mmという「圧倒的な入力速度」を誇る「黄軸

 

あなたのプレイスタイルに合わせて選びましょう。

どれが良いのか分からないという人は、「黄軸」が一番おススメです。

 

FPSゲームで有利になるには「反応速度」

一般的なゲーミングキーボードの「入力反応距離」は2mm前後ですが、この黄軸は1.2mmと圧倒的な速さです。

スピード軸とも言われ、プレイ中の反応の速さは体感できるほど優れています。

 

またこの黄軸は、フレンドとの「VC(通話)」でも迷惑をかけることがない「静音性」にも優れた軸になります。

百聞は一見に如かず!

こちらの動画が「黄軸」の打鍵音です↓(打鍵音は1:40秒~)

FPSで「入力速度」×「静音性」×「テンキーレス」が欲しいなら、これ一択です。

あと、このモデルはUS配列(英語配列)なので注意して下さいね!

 

③超有名ブランド!「Corsair K65 LUX Cherry MX RGB Red

Corsair K65 LUX Cherry MX RGB Red -日本語 ゲーミングキーボード- KB357 CH-9110010-JP

コアなFPSゲーマーなら知らない人はいないでしょう。

ゲーミングキーボードと言えば、やはり人気なのは「コルセア」です。

コルセアだから魅せる「RGBの見事さ」「打鍵感のよさ」「外観のカッコよさ」は長年ゲーミングキーボードを開発してきた有名ブランドならでは。

 

軸のタイプは、一番人気の「赤軸」を展開。

「静音性に優れ、打鍵感も軽く疲れにくい」人気軸なので、これを選んで後悔するポイントは皆無。

 

 

こちらも「リストレスト」が付属しており、取り外しもOK。

 

キーの高さが合わないという悩みがなく、全てのFPSゲーマーにおすすめできるゲーミングキーボードです。

安心の2年保証」も付いているので、いざという時の故障にも対応してくれます。

 

打鍵音が気になる方はこちらの動画↓

ゲーマーなら是非一度は手に入れておきたいゲーミングキーボードです。

このモデルは「スピード軸」も展開しています。

Corsair K65 RAPIDFIRE CherryMX Speed RGB COMPACT-日本語 ゲーミングキーボード- KB356 CH-9110014-JP

入力速度にこだわりがある「FPS上級者」の方は、こちらも要チェックです。

④期待の新生!「HyperX Alloy FPS Pro

キングストン Kingston ゲーミングキーボード テンキーレス 赤軸 HyperX Alloy FPS Pro HX-KB4RD1-US/R1 FPSゲーム向け LEDバックライト 2年保証

最近ゲーミングデバイス業界で猛威を振るっているのが、このKingston社の「ハイパーエックス」というブランド。

ゲーミングヘッドセットの「HyperX Cloud Alpha」や「HyperX Cloud Revolver S」などのヘッドセットは、FPSゲーマーから絶大な信頼を得ている大人気ブランドです。

そのKingston社がついにゲーミングキーボードにも満を持して参戦。

 

プロゲーマー向けに開発されたこの「HyperX Alloy FPS Pro」は、無駄な一切機能は付けない!というのが分かるのがポイント。

これにより、「価格を安く」「FPSに特化」させたモデルになります。

軸は「赤軸」と「青軸」の2種類を商品展開。

 

RGB(LED照明)もシンプルに「赤色単色のみ」で、ケーブルは着脱式。

キーの耐久性は「5000万回」を保証しつつも、「安心の2年保証」

頑丈なスチールフレームを採用しているため、見た目も高級感があり、値段以上の外観です。

 

注意点は「US配列(英語配列)」のみしか展開していないという点のみです。

テンキーレスで、US配列でも問題ない人は、是非ともチェックしておきたいゲーミングキーボード!

 

打鍵音(赤軸)チェックはこちらの動画↓(打鍵音は30秒~)

FPSゲーマー必見のゲーミングキーボードです。

⑤ゲーマーの夢!「東プレ REALFORCE S R2

東プレ REALFORCE S R2 テンキーレス 静音モデル 日本語 静電容量無接点方式 USB 荷重45g レーザー刻印 かな表記なし ブラック R2TLS-JP4-BK

ゲーミングキーボードのNO.1の座に君臨するのが、この日本製ゲーミングキーボード。

コアなゲーマーなら絶対知っている、「リアルフォース」の最新モデルのテンキーレスです。

ゲーミングキーボードの故障の9割近くの原因は「チャタリング」といって、キーの反応がおかしくなる症状なんですが、普通のメカニカルだとこの症状は構造上「遅かれ早かれ必ず起きる現象」です。

 

ですがこの「リアルフォース」は「静電容量無接点方式スイッチ」を採用していて、これは「構造上絶対にチャタリングが起きない」という夢の構造を採用しています。

故障しないキーボードとして、絶対にタイプミスを許されない「金融機関や医療現場」でも長年強く愛用されているキーボードです。

この安心感と「フェザー(羽毛)タッチ」と例えられる打鍵感は「このリアルフォースだけ」

プロゲーマーも愛用者が多いこのゲーミングキーボードは、国を超えて多くのゲーマーに使用されています。

 

唯一の欠点は「価格の高さ」

ですが、中途半端なキーボードを買っては故障して買い直し。

という年単位の長期的なコストを考えると、「リアルフォース」は安上がりという結果に行きつくんです。

 

打鍵音が気になる方はこちらの動画↓

一度体験すると他のキーボードが絶対に使えなくなる「フェザータッチ」を体験し、長期間安心して使えるキーボードを探している人は要チェックです。

 

おすすめのフルキーボード部門「厳選5選」

「FPSゲームもやるけど、普段使いでテンキーも使いたい」という、あなたにおすすめのゲーミングキーボード5選を厳選して紹介します。

①待望の最新モデル!「ロジクール G512 CARBON RGB

ロジクール G512 CARBON RGB メカニカル ゲーミング キーボード リニア G512-LN

2018年4月に発売されたばかりの最新モデル「G512」は、ロジクールの新しいフラグシップ(最上位機種)モデルです。

軸は「タクタイル(茶軸風)」「ライナー(赤軸風)」「クリッキー(青軸風)」の3種類を商品展開。

あなたにあった打鍵感を選ぶことが出来ます。

 

最新技術をふんだんに装備した高性能はもちろん

・高耐久で知られ、航空機にも使用されるアルミ合金をフレームに採用

・キー耐久7000万回

・USBパススルー搭載

・メディアコントロールを内蔵

・カスタマイズ可能なゲームモード

・1680万色のRGB対応

などなど。最上位モデルとして見劣りしない、現在最もおすすめのゲーミングキーボードです。

 

性能は文句なしの上、キーが浮いていて掃除もしやすく、外観がとてもかっこいい「フローティングデザイン」が一番の特徴。

G512気になる打鍵音はこちらの動画をチェック↓(打鍵音は3:23秒~)

今年一番の”イチオシ”キーボード。これから買い揃える人は絶対にこれ買っといた方が良い!

②低価格&バツグンのかっこよさ「Razer Ornata

Razer Ornata JP 日本語配列 メカ・メンブレン ゲーミング キーボード 【日本正規代理店保証品】RZ03-02042900-R3J1

大人気のRazer社から出ているフルキーボード。

独自開発の軸「メカ・メンブレン」という軸を初めて採用したモデルで、打鍵感にハマる中毒者を次々に出している人気のキーボードです。

メンブレンタイプなのに、「カチっというスイッチ感」があるのが大きな特徴で、「PCを操作していない時でもキーを押したくなる」という非常に困った打鍵感。

 

また大きな特徴は、価格の安さ!

上位モデルと性能自体は大差ないにも関わらず、上位モデルの半額以下で手に入るという、お財布にも優しい・・・でもカッコいい!というデバイスコレクターにはたまらない一品です。

Razerのロゴ」が入った柔らかい「取り外し可能のリストレスト」も標準搭載。

 

注意点は「緑単色」のLED照明のみしか発光できないという点です。

Razerのブランドカラーのグリーンのみでも十分カッコいいので、コスパに優れた非常におすすめのゲーミングキーボードです。

 

気になる打鍵音はこの動画↓(打鍵音4:02秒~)

「クセになるタイピング」と「快適なFPS操作」を体験したい人は迷う必要はありません!

上記モデルで、どうしてもLED照明は「いろんな色で光らせたい」という人は、5000円高くなりますが「1680万色RGB」対応のモデルも、ちゃんと用意されています。

こだわる人はこちらを要チェックです。

③静音性NO.1「Corsair Gaming STRAFE RGB Cherry MX SILENT

Corsair Gaming STRAFE RGB Cherry MX SILENT 日本語 ゲーミングキーボード KB322 CH-9000121-JP

キーボードの音を出来るだけマイクに入れたくない「動画配信者」や「フレンド思いの人」はこれ一択!

僕も持っていますが、静音性ならこれがNO.1です。

軸自体が他と違い「サイレント軸」を使用しており「静音性に優れた赤軸よりも、もっと静かな軸」になります。

プロゲーマーとして活躍中の「Maya Melpharia」さんも、このキーボードを愛用しているので、プロレベルの性能は折り紙付き。

 

打鍵音はこの動画をチェック↓(打鍵音0:40秒~)

「性能・外観のかっこよさ・抜群の静音性」を求める人は必ずチェックしておきましょう。

詳細レビュー記事はこちらから↓

④Amazonベストセラー1位「ロジクール G213 RGB

ゲーミングキーボード ロジクール G213 RGB パームレスト 耐水性

Amazonで圧倒的なレビュー数と高評価を誇る「ロジクールG213」は多くのゲーマーから支持を受けています。

大きな理由は「5000円という圧倒的低価格」で手に入る「1680万色RGB対応」、そして低価格なのに「専用メディアコントロール」を搭載している点です。

僕も持っていますが、FPS操作で特に困ることはありません。

 

ただデメリットが2点あります。

・メカニカルキーではなく、ただのメンブレンキーなので、キーを打つ楽しさは皆無。

・付属のリストレストが取り外すことが出来ないので、置く場所を広く取られる。

 

価格が安いので、このデメリットと金額を天秤にかけて、価格に魅力がある人は買いです。

僕の様に、「打鍵感も楽しみたい」「リストレストは取り外しが良い」という方は、少々高くついても他のゲーミングキーボードを購入した方が、後々後悔しないと思います。

 

気になる打鍵音はこの動画をチェック↓

価格重視のFPSプレイヤーには、一番おすすめできるキーボードです。

⑤究極のゲーミングキーボード「東プレ REALFORCE RGB JPモデル

Realforce RGB

絶大な人気と信頼を誇る「リアルフォース」×「ゲーミング」という初コラボで一躍話題になった、究極のゲーミングキーボードです。

僕も持っていますが、正直これ買えば10年くらい安心して使っていけます。

絶対に故障しない(チャタリングが起きない)理由は、前にも説明した通りです。

 

また、なんと!このゲーミングキーボード!

なんとキーの反応位置がボタン一つで変更できるんです。(1.5mm,2.2mm,3mmに変更可能)

・FPSの様に反応速度が求められる時は「1.5mm」

・ブログや文章を打つ時は「誤入力を防ぐ」ために「3mm」

このような設定が変更がこんなにも簡単にできるのは、世界中探しても「リアルフォース」だけ!

 

独自の「フェザータッチ」羽毛のような柔らかいキータッチは打ってみた人しか分かりませんが、虜になります。

普通のキーボード使えなくなるんです。いやこれほんとに。

FPSのプロゲーマーも多く使用しており、ハイレベルの上級者も納得できる性能です。

 

また、なんとこのゲーミングキーボード、キーキャップの文字が絶対に消えないんです。

「2色成形」といって2つの材質で文字を型どって「浮き出させている」から、よく使うキーの文字だけ剥がれてくる心配が全くありません。

これが長期間使い続けることが出来る理由です。

 

デメリットは何といっても値段の高さ。

しかし、長期間(10年近く)使えると考えると、ヘビーユーザーであればあるほど、結果的に安くつくという不思議なキーボードです。

 

打鍵音はこちらの動画でチェック↓

コアなゲーマー、最上級のタイピングを体験したい人は絶対に一度は使っておきたい夢のゲーミングキーボードです。

 

詳しいレビュー記事はこちらから↓

ゲーミングキーボードの「Amazon売上ランキング」

ゲーミングキーボードのAmazonランキングも気になりますよね。

こちらからのボタンから確認することが出来ます。

 

番外編:左手キーボード

「普通のキーボード操作が慣れない」「キーボードよりもっと上の操作感が欲しい」「デスク上をもっと広く取りたい」

こんな人は左手用キーボードを選択するのも十分にありです。

 

FPSの有名実況者さんやプロゲーマーの方でもこれらを使用している人が、実は結構います。

FPSのキーボード操作が難しいと挫折するのは勿体無いですよ。

操作性第一だったらこれが一番おすすめです。

「Razer Orbweaver Chroma マルチライティングメカニカル左手用キーパッド」

Razer Orbweaver Chroma マルチライティングメカニカル左手用キーパッド 【日本正規代理店保証品】 RZ07-01440100-R3M1

左手デバイスは結構種類があるんですが、特殊なデバイスのため「当たり外れ」が多いのが特徴です。

僕もPS4からPC版に移行してきた勢なので、一度この手のデバイスを購入して失敗したことがあります。

合う合わないは、もちろん実際に使って慣れてみないと分かりませんが、現状これ一択です。

 

この他はあまりにも形状が特殊過ぎたり、構造上もろ過ぎたりと不安が多いためおススメできません。

このデバイスはFPSゲームはもちろん、お絵かきをする人や、事務作業のショートカットキー設定も出来るため汎用性が高く、費用対効果がバツグンに良いです。

迷っている人は検討してみてください。

 

打鍵音のチェックはこちらの動画↓(打鍵音・スイッチ音は3:20秒~)

その他の「おすすめ左手デバイス」はこちらの記事で↓

 

打鍵音が気になる人は「静音化リング」がおすすめ!

「サイズ Cherry MX軸対応 静音化リング MXORDP」

サイズ Cherry MX軸対応 静音化リング MXORDP

Cherry MX軸のゲーミングキーボードなら、このシリコン製の「Oリング」で静音化することが出来ます。

キーキャップを外しその裏の部分にはめ込んで使うだけで、「キーボードの底打ち音」「打鍵音」が驚くほど軽減。

「打鍵音が少しうるさい」と理由だけで、キーボードを新しく買い替えるなんて、お金がもったいないです。

僕も緑軸のゲーミングキーボードに使用していますが、たった1000円で驚くほど変わるんで、試したことがない人は是非お試しあれ!

静音化には「大型マウスパッド」もおすすめ!

Razer Goliathus speed edition

キーボードをたたく音は、接している机に伝わって響いています。

キーボードの下に、この大型マウスパッドを敷いてやれば「静音化」の効果もあり、FPSプレイヤー”あるある”の、「左手手首の痛み」も軽減してくれるという一石二鳥の効果があります。

Razer Goliathus 打鍵音

この目的だけなら、キーボードの下にタオルやマットを敷いてやるのも良いんですが、「見た目がちょっと・・・」

ですので、せっかくならあなたの好きなデバイスブランドの「大型マウスパッド」を導入するのをおススメします。

 

このマウスパッドカッコいい!と思ったあなたはこちらです↓

画像のマウスパッドの詳しいレビューはこちらの記事↓

 

キーボードの大事なお供は「リストレスト」

キートップの高さが合わず「操作・タイピングがしにくい」という人は「リストレスト」を使用することをおススメします。

そのまま打ちにくい姿勢で操作していると「肩こり・疲労の原因」になり、PC操作が苦痛になってしまいます。

 

一番人気のリストレストはこちらです↓

たった800円なのに、Amazonレビュー「906件:☆4」の大ヒット商品

「エレコム リストレスト 疲労軽減 “COMFY” ロング(ブラック) 」

エレコム リストレスト 疲労軽減 "COMFY" ロング(ブラック) MOH-012BK

素材も「クッション素材ゲル素材低反発素材」から選ぶことが出来るので、あなたに合ったリストレストを使用しましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか。

以上が、2018年最新の「FPS用おすすめゲーミングキーボード10選」でした。

あなたに合ったゲーミングキーボードは必ずあるもんですよ。

是非見つけてあげてくださいね!

 

この記事で、少しでも多くの人の「FPSライフ」が少しでも快適に楽しくなりますように!


当ブログでは「FPSプレイヤー」に役立つ情報(コツ・テクニック)を始め、ゲーミングデバイスのレビュー記事などを数多く取り扱っています。

詳しい記事はこちらから↓

FPS上達のコツ 一覧

ゲーミングデバイス 一覧











FPSはスポーツ選手と同じく、「競技プレイヤー」です。

野球選手が「バット」にこだわるように、ゲーマーは「マウスやヘッドセット」などの「デバイス」にもこだわるべき。

自分が使う道具には万全の状態で練習しましょう!↓

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

熊本県在住。「ブログ・FPS・ゲーミングデバイス集め」が趣味のアラサーです。愛犬「トイプードル」と毎日じゃれて遊んでます。 FPSは「PS4」「PC」どちらもプレイ。 腕前は、FPSゲームなら何でも「キルレ2.0~2.5」のエンジョイゲーマーです。